Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

移住希望地ランキング全国第3位の静岡県 「お試し移住」に「オンライン説明会」

配信

静岡朝日テレビ

 今回のテーマは、「静岡県への移住」。NPO団体が発表した去年の移住希望地ランキングでは、静岡県は全国で3番目に入っています。

熱海市の旅館 お試し移住体験

 熱海市で3代続く老舗旅館では、こうした移住を希望する人に向けた新しいサービスを始めます。  熱海市にある瑞宝荘。創業50年の旅館です。現在、改装工事中。来月24日にリニューアルオープンします。 瑞宝荘 三代目 渡邊慎太郎代表: 「改装中になりますが、こちらが客室になります」 「昭和レトロな感じの部屋になっていたので、それを残して古いものをきれいにする形で」  新型コロナの影響で3月から休業し、売り上げは激減しました。苦境に立たされた三代目の渡邉慎太郎さん(37)。打ち出した秘策は「お試し移住体験」です。渡邊さんは旅館を継ぐ前、不動産会社に勤めていました。その経験を生かして移住を希望する人に、数日間宿泊してもらい市内の物件を紹介するツアーをしようと考えました。旅館業と不動産業の二刀流です。 瑞宝荘 三代目 渡邊慎太郎代表: 「宿泊してもらうことで、顔を合わせる機会が増える。お客様がどんな暮らしがしたいのか、どんなことが好きなのか、より深く知ることができると」  元々、旅館の経営には強い関心がなかった渡邊さんでしたが、1月に亡くなった父・保夫さんが去年夏に余命宣告を受けたことで心境に変化が出ました。 瑞宝荘 三代目 渡邊慎太郎代表: 「最初はあまりここを継ごうという意思はなかった」 「父も継いだということで、この瑞宝荘という思いを閉ざしたくないという思いも強くなった」  新型コロナ感染拡大でリモートワークのスペースもつくりました。移住体験は来月のリニューアルオープンと同時に開始します。渡邊さんは、実際に熱海へ移住した人たちと協力しながら動画配信サービス、ユーチューブ使ってPRする考えです。

沼津市のオンライン移住説明会

久保アナウンサー: 「沼津市の職員が初めてオンラインで移住相談に乗っています」  自治体も新しい取り組みに乗り出しています。沼津市は新型コロナによる移動自粛をきっかけに、オンラインの移住相談会をスタート。 第1号は、東京と神奈川に住む50代の男性3人組です。趣味のゴルフを楽しむため週末のみを過ごす移住先を考えています。 相談者:「丸を付けていただいたゴルフ場あたりは、市内から30分くらい?」 市職員:「ゴルフ場は山道に入るが、30分くらいあれば来れる」  3人は職員から地図アプリで物件の場所や、ゴルフ場までのアクセスなど説明を受けました。来月、沼津市を訪れ、気になった物件を実際に見ることを決めました。 相談者の男性: 「海、山、気候、それから 災害という面で我々のニ ーズに合った。それから 東京、横浜からもアクセスがいい。沼津方面を優先に当たっている」  市は新型コロナの影響で中止していたタクシーで市内の観光地をめぐるツアーの再開も目指していて、移住者向けのサービスを強化する考えです。 沼津市 移住定住相談室 勝又将副主任: 「6月の県をまたぐ移動が解除されてから、相談が毎日続いている実態がある。非常に皆さんの関心があると感じている」