Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

後付けもできる! トヨタ最新の「ペダル踏み間違い加速抑制装置」の中身とは? 

配信

ベストカーWeb

    トヨタは2020年7月1日、ペダルの踏み間違いによる事故の防止性能を強化したプリウス、プリウスPHVを発売した。 【画像ギャラリー】新車向け「プラスサポート」後付け「踏み間違い加速抑制システムII」を写真でチェック!    注目すべきは、今回新たに追加された「急アクセル時加速抑制」。従来の「踏み間違い防止装置」から大幅に進化した機能を持ち、プリウスとプリウスPHVの新車にトヨタ車として初装着される。   また、すでに販売されている現行プリウスオーナー向けに後付け可能な最新の「踏み間違い加速抑制システムII」も設定された。   トヨタが開発した新車用、後付け用として設定されたペダル踏み間違い加速抑制システムはどれほど進化したのか? モータージャーナリストの岩尾信哉氏が解説する。   文/岩尾信哉 写真/トヨタ

「急アクセル時加速抑制」機能を追加設定

    トヨタは2020年7月1日、ペダル踏み間違い事故の抑止・被害軽減を目的とした既存のシステムに加え、新たな「急アクセル時加速抑制」機能を開発。新型車向けとして「プラスサポート」と呼ばれる装備をプリウス、プリウスPHVに追加設定した。   さらに、既販売車種向けの後付け装置にこの機能を追加した「踏み間違い加速抑制システムII」として発売。   トヨタはこれまで、新車には2012年からインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を導入。   既存の販売車種向けには、2018年12月から後付けの「踏み間違い加速抑制システム」を販売してきた。その装着率は85%にのぼるという。   従来から設定されている、障害物を検知して加速抑制・ブレーキ作動を行うインテリジェントクリアランスソナーに加え、ペダル踏み間違い事故の抑止・被害の軽減に貢献することを狙いとしている。   アクセルとブレーキのペダル踏み間違いは、高齢ドライバーだけでなく、幅広い世代で起こっている。   こうした状況を打開するため、各自動車メーカーが採用してきたのが、赤外線センサーやカメラなどを使って、停車時または低速走行時(トヨタは0~15km/h)で前方や後方の障害物を検知し、急にアクセルを踏んでもエンジン回転数を一定期間、抑制する措置。   また2018年からは、後付け可能な、アクセルを絞ることで加速させない方式の「踏み間違い加速抑制システム」も現在は12車種に展開。   インテリジェントクリアランスソナーについては、駐車場などでの踏み間違い事故が約7割低減しているとの調査結果も出ている。そこで残り3割の事故の低減を命題として、今回のシステムは開発されたという。

【関連記事】