Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

まもなく開かれる相模原事件初公判 「内なる優生思想」に私たちはどう抗うか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

相模原市の知的障害者入所施設「津久井やまゆり園」で、元施設職員の植松聖被告が2016年7月26日未明、入所者19人を刺殺し、職員を含む26人に重軽傷を負わせた「相模原事件」。1月8日に植松被告の初公判が開かれる。あの日から3年半が経とうとしているが、私たちの社会で、なぜこのような大量殺人事件が起きてしまったのか、謎の解明は法廷で進むのでしょうか?【BuzzFeed Japan Medical/岩永直子】

事件を他人事として捉えずに、「内なる優生思想」を見つめる対談集『この国の不寛容の果てに 相模原事件と私たちの時代』(大月書店)を2019年9月に出版した作家の雨宮処凛さんに、改めてこの事件から私たちが考えなければならないことは何か、お話を伺った。 3回連載でお届けする。

「ついにとどめの一撃が来た」

ーー2016年にこの事件が起きた時、どのように知りましたか? 朝、起きてテレビをつけたら、ニュース速報で「19人死亡」のようなテロップを見ました。しかも障害者施設でということだったので、ゾッとしましたね。施設職員がやったということにも、被害者の情報がその後、全く出てこないのにも驚きました。 でも、どこかで「ついに、こういう事件が起きてしまったか」と感じていました。「生活保護バッシング」など、「自分より恵まれている人は許せない」という空気が蔓延していた中で、とどめの一撃が来たという感じがしました。 ーー背景に「優生思想」があると、ピンときましたか? 最初は「優生思想」というよりは、自暴自棄系の「死刑になりたい」人が起こした無差別殺人なのかと思っていました。ある意味一番殺しやすい、寝ている最中の、入院中の病人や障害者を狙った犯罪。「殺せるなら誰でも良かった」という犯行かと思ったんですね。 ーーその後、様々な情報が入って、印象が変わっていったのですね。 テレビをつけっぱなしにしていたら、どんどん情報が入ってきましたが、植松被告が衆議院議長に出したという犯行声明のような手紙の文章が、伏字もなくエンドレスに流されたのはショックでした。 障害者を殺害することを正当化する内容をそのまま流すこと自体がすごい暴力で、大問題じゃないかと感じました。 「障害者は不幸を作ることしかできません」などと、公共の電波で流してはいけない内容だし、あれをそのまま流す無神経さにびっくりしました。

【関連記事】