Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アットコスメの2020上半期ベストコスメが発表!「田中みな実買い」がトレンドワードに

配信

女子SPA!

 6/11に発表された「@cosme ベストコスメアワード 2020 上半期新作ベストコスメ トレンドキーワード」。2020年上半期のビューティートレンドに加え、新型コロナウイルスによる意識変化、新生活様式で生まれた新しい女性のインサイトなどをリサーチした解説会に参加してきました。 ⇒【グラフ】@cosme ベストコスメアワード 2020 上半期新作ベストコスメ  新型コロナウイルスの影響により、美容への関心の変化が出ています。膨大な口コミサイトならではの分析で、これからのトレンドも予測。  例年とは違った夏を迎えそうな今、不安もあるでしょう。その中で、どのようにビューティートレンドが移り変わっていくのか、ベストコスメと併せてレポートしていきます。

総合大賞にも変化が

 2020年の総合大賞は、ランコム「クラリフィック デュアル エッセンス ローション」。これまでの総合大賞は、リップアイテムなどメイク用品が多く、スキンケアが大賞受賞するのは、なんと9年ぶりの快挙でした。  大賞に続き、2位アテニア「スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ」、3位「エリクシール シュペリエル つや玉ミスト」、4位 SOFINA iP「ベースケア セラム<土台美容液>」と総合4位までがスキンケアを独占しました。スキンケア需要が高まった理由は、コロナ禍の影響だけではない、と興味深い分析。  いったいなぜ、スキンケアへの需要が高まったのでしょうか。

実は以前からスキンケアへの関心は増加傾向だった

 まず、スキンケアへの関心はコロナ禍で急に高まったわけではないと分析。  自撮りアプリなどが流行し、簡単に肌修正してくれる機能を使えるようになりました。また、塗っただけで肌がワントーンアップするようなコスメも多く発売され、加工アプリを使ったみたいだと感動する声もあったようです。  そんな中、素肌を美しくしたい!といったニーズが高まったようです。  実際スキンケアという単語が口コミの中で出てきた数は、年々増加傾向。2016年を100とすると、2020年には121の出現率とのことです。  新型コロナウイルスの影響で、おうち美容に力を入れる機会が増えたことで、スキンケアへの関心は加速したといえます。

【関連記事】