Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

逮捕された香港「民主の女神」周庭氏(23)に無期懲役の可能性も 今後の身柄は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 8月10日、民主活動家である周庭(アグネス・チョウ、23)氏が香港国家安全維持法(以下、国家安全法)で逮捕された。 【画像】警察当局の車に乗せられ連行される香港「民主の女神」周庭氏  国際社会に香港民主派への支持を呼びかけ、「民主の女神」と呼ばれた周氏。2014年に民主的な選挙制度の実現を目指した「雨傘運動」でも学生団体のリーダーの1人として活動した彼女の逮捕に、Twitterでは「#FreeAgnes」のハッシュタグを付けて抗議する書き込みが相次いでいる。  6月30日夜に施行された香港国家安全法に国際社会から批判が数多く寄せられる中で、踏み切られた民主運動のシンボル的存在の逮捕。いま香港で何が起こっているのか。現地事情に詳しいジャーナリストの高口康太氏は、次のように語る。 「周庭氏の逮捕は、中国政府が『どれだけ国際社会が反発しても香港には容赦しない』と、腹をくくった上での暴走です。国際的に発信力のあった彼女を逮捕することで、手段を選ばず、とにかく民主運動を潰す、という姿勢を示したかったのでしょう」

「普通の女の子」周庭氏が捕まった理由

 周庭氏に取材した経験もある高口氏は、その実像について、次のように語る。 「実際に会った周庭さんは、まさに“普通の女の子”。確固たる思想に縛られているようなタイプの活動家ではありません。日本語が上手くなったのも、嵐やモーニング娘。といった日本のカルチャーが好きだったことがきっかけです。  2014年の『雨傘運動』のときにはスポークスマンの役割を担っていましたが、プレッシャーもあって、一度はその立場から降りています。昨年から続く香港の民主化デモでは『彼女のような意見は生ぬるい』と言われることも多かった。香港デモ活動の中心人物というほど大きな存在ではありませんでした」  高口氏は、そんな彼女が国際的な発信力を強めていった背景には、日本メディアの存在が大きかったと指摘する。

「雨傘運動が終わったあと、香港で政治の舞台に関わることの多くなっていった周庭さんですが、その活動を最も取り上げてきたのは日本のメディアです。テレビ東京では彼女を主人公にしたドキュメンタリーも作られたほど。そもそも『民主の女神』というのは日本メディア発で使われるようになった言葉でした」  国家安全法で香港に新設された治安機関・国家安全維持公署には、広東省で農民運動を鎮圧した実績を持つ鄭雁雄氏が署長として中国本土から送られた。彼を中心とする中国当局中心の香港締め付け強化が、周庭氏逮捕につながったと、高口氏は解説する。 「香港デモの実態を知る香港当局からは、その中心人物ではない周庭さんを逮捕するという発想は出てこないでしょう。にもかかわらず彼女が捕まるということは、いわば中国側の、『目立った奴はとにかく捕まえろ』という理屈で動いているのです」

【関連記事】