Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

手のひらで支払いができる非接触型デバイス「Amazon One」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

手を浮かせて認証に1秒。 ネット通販だけでなく、アメリカではスーパーマーケットも運営しているAmazonが、手のひらをかざして支払いができる非接触型の生体認証デバイス「Amazon One」を発表しました。 【全画像をみる】手のひらで支払いができる非接触型デバイス「Amazon One」 これで支払いだけでなく、施設の入場やポイントカードの提示などいろんなものが速くて簡単になります。

登録は1秒で

「Amazon One」は多くのデバイス同様、まずログイン的なアクションが必要です。それにはクレジットカードを挿し込んで、手のひらを登録しなければなりません。ですがこの作業はたったの1秒ほどで完了。登録後は、もう手のひら認証だけで入店ができるようになります。 両手を登録することもできますが、それが2段階認証用なのか、どっちの手でも1回でOKということなのかは言及されていませんでした。

Amazonアカウントは不要

この方法はAmazonアカウントを持っている必要はなく、使うのは携帯電話番号とクレジットカードだけとのこと。ですがアカウントとの紐付けも選択でき、あとから履歴を確認することが可能です。 以前に作られた「Amazon Dash Cart」は、アカウントに紐付けた専用アプリのQRコードを読ませるタイプだったので、アカウントが不要なのはちょっと意外な気がします。 最初はシアトルにある、Amazon Goストア2店舗で試用が開始されます。そして数カ月以内に、その他のAmazonストアにオプションとして使えるようどんどん追加されるとのことでした。

手のひら認証にした理由

今は指紋だけでなく静脈や虹彩などさまざまな生体認証がありますが、Amazonが手のひらを採用したのは、まず手のひらの画像を見ても、その人物を特定できないというのがひとつ。そしてデバイスに手をかざすだけで接触する必要がないので、今の新型コロナ時代に即している、という理由があります。使う側としても、スマホやカードを取り出す手間が要らないのは有り難いですよね。

データはクラウドに保存

手のひらはいくつもの角度から判断され、そのデータはデバイスではなく、暗号化された上でクラウドにある安全性の高い領域にて署名の作成や保存が行われます。複数のセキュリティー・コントロールで保護されているとのことで、ハッキング等の心配はなさそうです。しかしながら、ユーザーからデータの削除を要求することもできるようになっており、思うところがあればこのサービスから縁を切ることが可能です。

さまざまな場所で応用可能

またこのデバイスは、スーパー以外の場所でも応用することを視野に開発されているので、遠くない将来には駅の改札や出退勤の記録、大型施設の入場、ATMや役所などに使われるようになるかもしれません。となれば、チャージ不足で前の人のゲートが閉まったり、クレジットカードの盗難などが減りそうな気がします。それにレジ前で時間を食いがちな、ナントカPayも手のひらと紐付けて一瞬ですよね。手相占いも1秒で済んじゃうかも? Source: YouTube via amazon (1, 2) via Mashable

岡本玄介

【関連記事】