Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソニー「PS5」の成否を左右する3つの特徴。「ドル箱」ゲーム事業の行末は

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

先週、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は全世界に向けて映像配信イベントを開催した。題材はもちろん、年末商戦に発売が予定されている「PlayStation 5(PS5)」だ。 【全画像をみる】ソニー「PS5」の成否を左右する3つの特徴。「ドル箱」ゲーム事業の行末は 今回はPS5向けソフトウエアのアピールが中心だったが、最後にはついに、PS5のデザインも公開された。価格や発売時期、正式な発売国などの情報は明らかになっていない。 しかし、3月に発表された技術的詳細と、今回発表されたハードウェアのデザインなどの情報を組み合わせると、ソニーがPS5で狙う次のゲームビジネスのポイントの概略が見えてくる一方、「未だ見えない部分」からは、PS5成功のために必要な課題や条件も予想できる。

1. 画面がキレイ、だけではないPS5の「凄さ」とは何か

1つ目は「PS5はどこがすごいのか」という点だ。 ゲーム機は新しいものが出るたび、「より高いグラフィック性能」が注目される。PS5も同様で、PS4に比べグラフィック性能は上がっている。だが、どこが進化したかは、日常的に最新のゲームをしている熱心なゲーマー以外にはわかりづらい。 特に、実プレイではなくネット配信の映像だけでは「すごい映像」という感想で終わってしまいやすい。PS5を含めた新しいゲーム機が抱える最大の課題の1つだ。 PS5がもたらす、画質以上に劇的な変化となるのは「読み込み速度の変化」だ。SIEの公表した技術情報によれば、PS5はPS4に対して「100倍」の読み込み速度を実現している。読み込みの高速化というと、誰にとってもイライラするゲームの読み込み時間が劇的に短くなることが期待できる。だが、実際にはそれ以上の変化がもたらされる。 今回のイベントでは28本のソフトが発表されたのだが、残念ながら、そうした変化を「映像だけ」で明確に示せたものは少なかった。その数少ない、わかりやすいタイトルのひとつが「ラチェット&クランク リフトアパート」というゲームだ。 このゲームはキャラクターを操作する3Dアクションだが、ポイントは「ステージがダイナミックに変化する」点だ。 新しいステージが始まるとビジュアルが大きく変わるゲームは珍しくない。だが、「Ratchet & Clank: Rift Apart」の場合には、同じステージの最中に、自然に大きくビジュアルイメージが変わる。 こうした構造が珍しい理由は、技術的にはデータ読み込みの事情がある。ユーザーを「待たせても許容してもらえる」とき、つまりステージが変わる時くらいでないと、ビジュアルイメージが変わるほど大規模にデータを入れ替えるのは難しいからだ。 だがPS5では、データ読み込み速度が、PS4と比較して、最大で「100倍」速くなる。だから、ステージの最中であってもちょっと工夫すれば、ビジュアルイメージを大きく変えてしまえる。結果として、PS5ではゲームの表現の幅を大きく広げることができるのだ。 逆にいえば課題は、そうした新しい可能性を追求するには時間もコストもかかるという点だ。多くのゲームメーカーは、ビジネス上のリスク軽減の必要性から、他のゲーム機やPCでも同じゲームを発売する必要がある。どこまでPS5に特化したものを作れるかは、若干の疑問が残る。 PS5を成功させるには、過去のように単に「ゲームを集める」だけでなく、「PS5向けの最適化設計をしたい」とゲームメーカーに考えさせる仕組みが必要だ。 一方で、SIEが自社でゲームを作る場合、当然PS5専用となるので、機器の特質を生かしやすい。ソニーは自社ブランドでのゲーム開発への投資を強化しているが、それはこうした事情に基づく。

【関連記事】