Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヒロシ~YouTuberになったきっかけは“キャンプに行けなかったから”

配信

ニッポン放送

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に芸人兼ソロキャンプYouTuberのヒロシが出演。ソロキャンプYouTuberになった経緯について語った。

黒木)毎日さまざまなジャンルのプロフェッショナルにお話を伺う「あさナビ」。今週のゲストは芸人兼ソロキャンプYouTuberのヒロシさんです。 ヒロシ)ヒロシです、よろしくお願いします。はじめまして、黒木さんは僕のことをご存じですか? 黒木)もちろんでございます。私も九州、福岡なので、ヒロシさんのしゃべり方「~ですよ」がすごく気持ちがよくて。熊本ではないですか? ヒロシ)荒尾というところです。方言が似ているところですよね。黒木さんにそのイメージがなく、東京の方だと思っていました。 黒木)ソロキャンプYouTuberとしてご活躍なさっているということですが。 ヒロシ)これはさすがにご存じないでしょう。 黒木)知りませんでした。 ヒロシ)「ヒロシです」というネタで1回売れて、いわゆる落ち目になりました。イメージがつかないと思うのですが、キャンプが大好きで、それをYouTubeで5年前から配信しています。そうしたらこれが人気になって、キャンプ、アウトドアの世界では有名になり、そちらで人気が出ました。いまはその仕事で呼ばれることが多くなりました。 黒木)その人気はどのように捉えていますか? ヒロシ)驚いています。動画もキャンプの動画を撮っているだけで、僕はあまり出て来ません。僕が撮って、僕が編集して、僕がアップしているので僕の手とか、火を起こす様子などを記録として趣味で撮っていたのです。 黒木)それをYouTubeに上げようと思ったのはなぜですか? ヒロシ)キャンプ好きの仲間がいるのですが、キャンプに行きたくても行けないときがあります。そういうときにみんなで集まって、僕が撮った動画をタブレットやパソコンで観て盛り上がっていたのです。それで楽しくなって、YouTubeにアップするようになりました。 黒木)2019年に刊行された『ひとりで生きていく』というヒロシさんの著書にも、「いろいろな種まきをして、そのなかの1つにもし芽が出たら、それをまた育てて行けばいい」と書いてありましたけれども。 ヒロシ)「ヒロシです」で売れてから、いろいろなことをやっていました。喫茶店を開いてみたり、バンドをやってみたり。そのなかでも、YouTubeのソロキャンプはただ好きだからやったものです。何も考えずにやっていたものが人気を得たのです。 黒木)キャンプでも、なぜソロキャンプなのですか? ヒロシ)若いときはみんなでワイワイやることが楽しいものですが、僕ぐらいのおじさんになると、1人の時間をゆっくり自分のペースで過ごしたいという人は、けっこういらっしゃるというのを感じています。 黒木)でもお家でも1人だし、1人になれますよね。 ヒロシ)僕はね。 黒木)キャンプでも1人。 ヒロシ)基本的にずっと1人です。

【関連記事】