Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

次期MacBookがリモートワークの救世主として注目される理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ライフハッカー[日本版]

Appleが、今後2年間でMacを独自開発のプロセッサに移行すると発表したことで、さまざまな議論が巻き起こっています。 Appleシリコンと呼ばれているこの新しいプロセッサを搭載したMacが、どれほどの性能を発揮するのか? すでに独自プロセッサが搭載されているiPhone11やiPad Proが市販ノートパソコンの大半を凌駕する性能を見せているなか、期待が高まっています。 最近のレポートによれば、Appleの新しい独自プロセッサを搭載したMacBookは、意外に早く、今年の年末にも登場する可能性があるとのこと。

コロナが収束してもリモートワークを続けたい人は多い

今後も多くの人がリモートワークを続けるであろうことを考えると、この発表は大きな意味を持っています。 実際、Lenovoが最近行った調査で、「アンケートに回答したさまざまな国のワーカーの約2/3(63%)が、オフィスよりも自宅で仕事をするほうが生産的だと感じている」という結果が出ています。 また、同じアンケートで、半数強の人が、「地域のソーシャルディスタンス制限が緩和されても、リモートワークを続けるつもりである」と回答しています。 このアンケート結果と今回のAppleの発表は無関係のように思えるかもしれませんが、そうではありません。以下にその理由を説明します。

Appleシリコンを採用するする理由

Tim Cook氏は、AppleがIntelプロセッサから離れることを決めたのは、「作りたいMacがIntelでは不可能だったから」だと言っています。 新しいプロセッサを搭載したMacは、より軽量かつパワフルで、終日駆動できるバッテリー性能を備えることになりそうです。 端的に言えば、Intelのプロセッサは、消費電力あたりの性能、つまりバッテリー容量あたりの処理能力という点において、すでに頭打ちになっているのです。 性能が高く(処理速度が早く)なればなるほど、ノートパソコンが必要とする電力も大きくなります。より大容量のバッテリー(フォームファクタも大きくなる)を搭載するか、バッテリー駆動時間を犠牲することになります。

【関連記事】