Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

梅雨前線南下で九州は激しい雨 西日本や東海で300mm超の大雨に警戒

配信

ウェザーニュース

今日30日(火)は梅雨前線や暖かく湿った空気の影響で、西日本から東海にかけて大雨となります。河川増水や土砂災害の発生に警戒が必要です。 また、風も非常に強まるため、沿岸部を中心に暴風にも警戒をしてください。

鹿児島県や宮崎県で激しい雨

前線付近では雨雲が発達し、九州から中国、四国にかけて局地的に雨が強まっています。6時まで1時間に鹿児島空港(溝辺)で48.5mm、宮崎県えびので33.5mmの激しい雨を観測しました。 先週から数回に渡り大雨に見舞われている九州では地盤が緩んでいるため、土砂災害の危険性が非常に高まっている地域があります。

明日にかけて大雨 土砂災害に警戒

梅雨前線はゆっくりと南下するため、午後にかけては激しい雨のエリアが四国の太平洋側や紀伊半島、東海へと移る見込みです。 西日本では太平洋側を中心に明日7月1日(水)の朝にかけて、東海では明日いっぱい激しい雨のおそれがあり、明日の夜にかけての総雨量は多いところで300mmを超えるおそれがあります。大雨による道路冠水、河川および用水路の増水や氾濫、土砂災害の発生に警戒が必要です。 <予想される総降水量(明日7月1日(水)24時まで)>  東海地方 300mm以上  近畿地方 300mm  四国地方 300mm  九州地方 200mm ※多いところでの予想

沿岸部では暴風にも警戒

前線に向かって南西の風が強まり、東海から西の沿岸部では、瞬間的には25m/s前後の暴風となるおそれがあります。関東でも東京湾周辺や房総半島では、20m/s近い突風が吹くと予想されています。 飛行機や電車、高速道路など、交通機関に影響が出るおそれがあるので、これらを使う予定のある方は最新情報を確認するようにしてください。

ウェザーニュース

【関連記事】