Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソニー、Vlogger向けコンパクトカメラ「ZV-1」発表 自撮りしやすいバリアングル、ウインドスクリーン付き高性能マイク

配信

ITmedia NEWS

 米Sony Electronicsは5月26日、1.0型Exmor RS CMOSセンサーを搭載したコンパクトカメラ「ZV-1」を発表した。YouTuberが自らの日常を映像と音声で記録するVlogスタイルに最適なさまざまな機能をRX100シリーズ譲りのコンパクトボディーに搭載したのが特徴だ。 タリーランプとモフモフ付き  ボディーサイズは60×105.5×43.5mmで294g(バッテリーとメモリカード込み)。有効画素数は2010万ピクセル。ISO100~12800で、NDフィルターを内蔵しており、4K HDRムービー撮影ができる。S-log2とS-log3によるカラーグレーディングにも対応。レンズはカールツァイスの24-70mm相当(F1.8-2.8)。自撮りしやすいバリアングル液晶ディスプレイとグリップ、録画が進行中かどうかを確認できるレコーディングランプ(タリーランプ)を備える。  背景をボケにしたり、製品を前に差し出して紹介するときに瞬時にフォーカスを合わせるといった、YouTuberがほしがる機能にワンアクションでアクセスできる。瞳フォーカスを備え、さまざまなスキントーンにも対応する美顔効果をオプションで用意している(フルHDまで)。  マイクは指向性の3カプセルで、風切り音を軽減するモフモフのウインドスクリーン付き。より高性能なマイクを本体上部のシューに装着可能。  米国での価格は799ドルで、6月発売。  microUSBジャックからWindows 10搭載PCに接続してWebカメラとして使うアプリは7月頃に提供予定だ。 5月27日追記:日本ではオープン価格で、市場推定価格が9万1000円前後(税別)。6月2日10時から予約販売開始される。発売日は6月19日。

ITmedia NEWS

【関連記事】