Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】72歳まで毎年1億円超 引退から19年経っても年俸支払われる契約なぜ?

配信

Full-Count

元メッツのボニーヤは2011年から2035年まで毎年7月1日に約1億3000万円を受け取る

 様々な大型契約が毎年のように交わされているメジャーリーグ。昨オフにはゲリット・コール投手が投手史上最高額となる9年総額3億2400万ドル(約347億円)でヤンキースと契約し、世間を騒がせるなど、大型契約はファンの注目も高い。 【写真】「なんて男だ!」…ダルビッシュが魅せた男気! 高級ステーキを同僚だけでなく相手チームにもふるまう!  そんな中で7月1日(日本時間2日)には米メディアの間で“ある契約”が注目を集めている。米TV局「KYTV」のスポーツアンカーを務めるマーク・スピレイン氏は自身のツイッターで「スポーツ界で最も有名な後払いの契約。本日支払いが行われる」とレポートした。  その契約というのが、1980年代後半から2000年過ぎまでパイレーツ、メッツ、オリオールズ、マーリンズなど8球団でプレーしたボビー・ボニーヤ氏がメッツと結んだ契約だ。2001年に現役を引退してから既に19年が経過しているものの、この7月1日にはメッツから119万ドル(約1億3000万円)が支払われ、2035年までこの支払いが続くという。  なぜこんな契約になっているのだろうか。ボニーヤはメッツでプレーしていた1999年、リーグ優勝決定シリーズの第6戦で途中交代後にロッカーでトランプに興じ、これが原因でメッツから放出された。翌2000年にはブレーブスに加入したが、この時にメッツとの契約が1年590万ドル(約6億3000万円)残っていた。  しかし、当時メッツのオーナーだったフレッド・ウィルポン氏が行った投資(後に巨大金融詐欺事件の被害者に)絡みの経営戦略により、ボニーヤに対して590万ドルを払う代わりに年率8%の金利を乗せて年間120万ドルを2011年から25年間支払うことで双方は合意した。その結果、ボニーヤは72歳までに計約2975万ドル(約32億円)を受け取ることになったという。  米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」もこのボニーヤの契約についてレポート。記事では「ボビー・ボニーヤがキャリアで得た収入、そしてメッツと結んだ契約から生まれる将来的な支払い」とし、支払いは今年で10年連続となり、2035年までの支払いは1785万ドル(19億円)が残っていることも伝えている。

Full-Count編集部

【関連記事】