Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台湾取材班ロケごはん日記② 蟹にはじまり蟹におわる天国満喫!

配信

CREA WEB

 CREA5月号「台湾特集」取材班によるロケごはん日記。 食いしん坊揃いの台湾特集スタッフが舌鼓を打った、本誌未公開の台湾グルメをこっそり教えちゃいます! 今回は珍味とお酒好きのCREA編集部員Uのごはんレポートを大公開。 【画像】台北近郊MRT新路線が開通!沿線グルメ旅へ

◆珍味とお酒好きUの場合Data 2月19日(水) お昼ごはん

 取材3日目のランチは、マンダリンオリエンタル台北のメインダイニング「雅閣(ヤグ)」で。シックでモダン。  エレガントな内装が素敵です。オーダーしたのは「焗釀鮮蟹蓋」(カニ肉のオーブン焼き)です。  「花蟹」という台湾近海で獲れる、甘みが強くて身がたっぷり詰まった蟹を使い、1杯分の身をほぐしてからグラタンにして、蟹の甲羅に詰めてパン粉をかけて焼き上げたもの。  グラタンの部分は甘みがあってクリーミー。表面がカリっと香ばしくて食感も楽しいです。 雅閣 所在地 台北市松山區敦化北路158號営業時間 ランチ月~金曜12:00~14:30、土・日・祝日11:30~14:30 ディナー18:00~22:00定休日 無休アクセス MRT南京復興駅から徒歩約7分

Data 2月19日(水) 夜ごはん

 夜ごはんは、「林家蔬菜羊肉爐」というお店で、ラムとキャベツの鍋をいただきました。  ひとつの大きな鍋(4~5人前)に、肝やハツ、正肉など、好きな部位のラム肉を追加注文して入れていくシステムなのですが、これがめっちゃ美味しかった!   ラムにまったく臭みがなく、羊が苦手な人でも感激する鍋です。その日の朝に絞めたラムを使っているからだそうですが、一緒に煮ながら食べるキャベツがまた抜群に美味しい。スープもぐびぐび飲めます。減ってきたら足してくれるのも嬉しい。  卵焼きや焼きそばのような麺もおいしくて大満足でした!  林家蔬菜羊肉炉 所在地 台北市中山區吉林路327號営業時間 17:00~翌1:00アクセス MRT中山國小駅から徒歩約7分

Data 2月20日(木) 昼ごはん

 この日は高級住宅街のある大安区にあるお店「宜品福州乾拌麺」でランチ。  おいしいお店が集まっているエリアですが、この店はカジュアルで、近隣の金裕層もオフィスで働く人たちもこぞって来店。テイクアウトや出前もやっているみたいです。  いただいたのは、「紅油炒手」(ピリ辛茹でワンタン)。  餡がみっちり詰まっていて食べ応えがあるのに、皮が薄めでトロっとしているので、飲むワンタン、的な。  少量のラー油がかかって提供されますが、卓上にある辛い調味料やお酢などで味変して自分好みに仕上げることも可能。撮影していたため食べるときには冷めてしまったのですが、熱々はもっと美味しいはず!   翡翠青苦瓜(ゴーヤのスライス)も注文。この緑色の正体は、まだ育ち切っていない若いゴーヤ。かなり薄くスライスされていて、さらに氷水にさらしてシャキッとさせてあるから、歯応えがすごい!   そこに台湾では珍しい、甘くない醤油ダレをからめて食べるので、清涼感が半端ないです。 宜品福州乾拌麺 所在地 台北市大安區忠孝東路四段216巷32弄5號営業時間 10:00~23:00アクセス MRT忠孝敦化駅から徒歩約4分

【関連記事】