Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ後のパチンコファン 完全にやめる人、打つ頻度が増えた人

配信

マネーポストWEB

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言後、ニュースで大きく取り上げられる機会が多かったパチンコ店。地方自治体からの休業要請に応じないホールの店舗名を自治体が公表するという事態にも発展した。 【写真】自粛要請中でも営業を続けたパチンコ店

 しかし、緊急事態宣言が解除されると、パチンコ店に関するニュースも減少。各店舗が感染対策を実施したうえで、営業を再開している。現状について、パチンコ業界に詳しいフリーライターの藤井夏樹氏が、こう話す。

「ほとんどのホールは、来場者にマスクの着用を義務付けたり、手袋を無料で提供したりする形で感染予防に取り組んでいます。台と台との間に仕切板を新たに設置するホールや、1台おきに電源を落として客同士の距離を保つホールもあります。台のアルコール消毒も頻繁に実施し、消毒が終わった台に“消毒済み”の札をさげるというホールも多い。各ホール、感染予防にかなり気をつかっている印象です」

 客入りはどうなのだろうか。

「コロナ前と比較すると、全体的にお客さんは減っています。特に小規模ホールについては、常にガラガラというケースも珍しくない。そもそも、ここ数年のパチンコ業界は、小規模ホールが苦戦を強いられて、大規模なチェーン店に客が集まりやすいという傾向がある。コロナ後は、その傾向が強まっている印象です」(藤井氏)

 では、パチンコ・パチンコファンたちは緊急事態宣言解除後、どうしているのだろうか。パチンコファンの生の声を聞いてみた。

コロナ休業で完全に足を洗った

 神奈川県に住む会社員・Aさん(20代男性)は、学生時代からのパチスロファン。主に週末にパチスロを打っていたという。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって、その生活は変化した。

「ここ数年は、パチスロにどっぷりハマるというよりは、なんとなくストレス解消がてら、惰性で楽しんでいた感じ。そんななか外出自粛生活になって、パチンコ店に行けない状況ができたら、途端に興味を失いました。前なら、暇な時間があると、“ちょっと打ちに行こうかな”なんて思ったんですが、強制的に行けなくなると、すっかりその習慣が断ち切られ、今はまったくそういった発想にならなくなりました」

【関連記事】