Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

9月として史上初の40℃突破 フェーン現象で北陸など記録的暑さに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーニュース

今日3日(木)は台風9号に向かって吹き込む風がフェーン現象を引き起こし、北陸など日本海側で気温が上がりました。 台風の北上によって、上空に非常に暖かな空気が流れ込んだことも加わって記録的な暑さとなり、新潟県三条市と胎内市・中条では9月として全国初となる40℃以上を観測しています。 15時までに最も高い気温を観測したのが新潟県三条市で40.4℃、次いで胎内市・中条の40.0℃です。これまでの9月の歴代最高だった埼玉県熊谷市の39.7℃を塗り替え、40℃に到達しました。 新潟県上越市・高田や山形県鶴岡市・鼠ヶ関でも39℃を上回るなど、各地で記録的な暑さに見舞われ、石川県輪島市は年間を通しての観測史上1位の記録を更新しています。

明日はフェーン現象の発生はない見込み

明日4日(金)も南よりの風が続くものの、今日とは風向きが西よりに変化し、日本海側にも湿った空気が流れ込みやすくなります。 このため、フェーン現象は発生しにくく雨も降るため、新潟市で32℃を予想するなど、35℃を超える所はほとんどない見込みです。湿度が上がって、今日とは違う蒸し暑い一日の所が多くなります。 ただ、台風10号の影響で、来週は再びフェーン現象による高温の可能性がありますので、9月ではあっても熱中症の対策が引き続き必要です。

ウェザーニュース

【関連記事】