Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

HTCの元CEO、ピーター・チョウ氏が5G対応VR HMD「XRSPACE MOVA」披露

配信

ITmedia NEWS

 台湾HTCの共同創業者で元CEOのピーター・チョウ氏が立ち上げた台湾XRSPACEは5月26日(現地時間)、5G対応のVRヘッドセット「XRSPACE MOVA」を発表した。米Engadgetによると、価格は599ドル(約6万4000円)。公式サイトで予約を受け付けているが、最初の発売は欧米、中国、台湾になる見込みだ。 ヨガ教室  XRSPACE MOVAは、チョウ氏によると、市場最小、最軽量で6DoFのスタンドアロンVRヘッドセットという。プレゼンテーションでは、米Facebook傘下のOculus VRのスタンドアロンVRヘッドセット「Oculus Quest」と比較してみせた。  重さは470gと、Oculus Questの585gより100g以上軽い。プロセッサは米Qualcommの「Snapdragon 845」、メモリは6GB、バッテリーは4600mAh。リフレッシュレートは90Hz、解像度は702dpiと謳っている。  ゲーム用のコントローラーが付属するが、Oculus Questも5月から正式対応している、コントローラー不要のハンドトラッキング機能を搭載する。  XRSPACEはMOVAと共に、このヘッドセットで参加するバーチャルワールド「XRSPACE MANOVA」も発表した。自分のアバターを作り、他のユーザーとアバターとして交流できる。握手したり、オブジェクトをつかんでやりとりしたりできる。アバターは、Facebookが紹介したような上半身だけのものではなく、全身で動ける。  MANOVA内では、ヨガやダンスの教室に参加したり、スポーツイベントを見たり、他のユーザーとカジュアルゲームをプレイしたりできる。仮想の会議室や教室も提供する計画だ。  同社はMANOVAのコンテンツを開発するためのSDKも提供する計画だ。  チョウ氏は1997年にHTCを共同創設し、2004年にCEOに就任。2015年に退社した。HTCがVRヘッドセット「VIVE」を発表したのは2015年、発売したのは2016年。HTCのスマートフォン部門がGoogleに買収されたのは2018年のことだ。

ITmedia NEWS

【関連記事】