Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

F1 70周年記念GP|予選:ボッタス、歓喜の逆転PP。”代役”ヒュルケンベルグ驚異の3番手

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 F1第5戦F1 70周年記念GPの予選がシルバーストン・サーキットで行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、バルテリ・ボッタス(メルセデス)だった。 【リザルト】F1第5戦F1 70周年記念GP:予選結果  F1史上初めて、地理名ではない名称がつけられた今回のグランプリ。舞台となるのは前戦イギリスGPと同じシルバーストン・サーキットだ。  今回持ち込まれたタイヤコンパウンドは、イギリスGPよりも1段階柔らかい組み合わせとなっており、ソフトタイヤの摩耗はかなり激しく、決勝レースでは積極的に使えないような状態だ。各チームは、予選および決勝に向けて、フリー走行からソフトタイヤを多めに使用するなど、普段と異なるタイヤの使い方をしてきた。  秒速3~4メートルほどの風が吹くシルバーストン。気温26度、路面温度43度というコンディションで予選開始時刻を迎えた。 Q1:クビアトQ2進出ならず。ライコネンが最下位に沈む  18分間のQ1、まずコースインしたハースの2台、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)がミディアムタイヤを装着。対して、その他のマシンはソフトタイヤを装着した。  またランス・ストロール(レーシングポイント)やルノー勢は他車とタイミングをズラしてアタックに向かった。  まずはニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)が1分27秒279でトップに立つが、それをメルセデスの2台が上回っていき、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが1分27秒154までトップタイムを更新した。  一方、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)は縁石に乗り上げるなどアタックにミスが有り、Q1敗退の危機が迫る16番手止まりだった。  セッション残り3分が近づき、各車が再アタックへ。ハース勢やラッセルもソフトタイヤへ履き替え、全車がソフトタイヤでのアタックとなった。  アルボンは3番手までタイムアップしQ2進出。また、ロマン・グロージャン(ハース)は13番手となり、開幕戦以来のQ1突破となった。ラッセルも15番手で、4戦連続のQ2進出を決めた。  16番手でQ1敗退となったのはダニール・クビアト(アルファタウリ)。フロアにダメージがあったと無線で報告し、その悔しさを手振りで表した。  結局Q1敗退はそのクビアトの他、ケビン・マグヌッセン(ハース)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)の5台だった。

【関連記事】