Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1日5分で間欠性跛行を改善できる4つのストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

文/川口陽海 ・トリガーポイント=筋肉の発痛点が原因で間欠性跛行がおこることがある ・中殿筋、小殿筋、ハムストリング、腓骨筋などのトリガーポイントが、腰から脚にかけて痛みやしびれ、間欠性跛行の原因となる ・簡単なストレッチで改善できる ちょっと歩くと腰やお尻から脚にかけて痛みやしびれが出て歩けなくなる…。 でも少し休むとまた歩けるようになる…。けれどまた痛みやしびれが出て…。 このような間欠性跛行(かんけつせいはこう)の症状は本当に辛いですよね。 病院では脊柱菅狭窄症、坐骨神経痛などが原因と言われ、手術をすすめられたり、将来車椅子になると言われたりして、暗澹たる気持ちになってしまうかもしれません。 しかし、少し視点を変えると別の原因や解決法が見えてきます。 今回は、1日5分でも間欠性跛行を改善できるストレッチをご紹介します。

間欠性跛行の症状と原因

間欠性跛行とは、しばらく歩くと足に痛みやしびれを生じ、少し休むとまた歩けるようになる症状のことをいいます。 具体的にはバス停の1区間を歩くのに何度も休む、団体旅行でみんなと一緒に歩けなくなった、立って家事をするとふくらはぎが痛くなるなどがあてはまります。 間欠性跛行の原因には様々なものがあります。 病院では脊柱菅狭窄症や椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などが原因と診断されることが多いようですが、実は筋肉が原因でおこるケースも少なくありません。 筋肉の中に発痛点=トリガーポイントが生じると、その筋肉に負担がかかった時などに強い痛みやしびれがおこるのです。 間欠性跛行の場合、 ■中殿筋 ■小殿筋 ■ハムストリング ■腓骨筋 などの歩行に関わる筋肉にトリガーポイントができて、強い痛みやしびれがおこり、歩行障害となるケースがたくさんあります。 トリガーポイントとは、筋肉が固く緊張してしまい、血行不良となった状態です。 したがってほぐしたりストレッチしたりすることで、トリガーポイントと痛みやしびれなどの症状を改善することができます。 ※ただし閉塞性動脈硬化症が原因の場合は、ストレッチは適応になりませんのでご注意ください。

【関連記事】