Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソニーの光るスピーカーで夏フェス気分を満喫できた件

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LEON.JP

毎年恒例だった夏フェスが続々と中止となってしまった今年。あのライブの高揚感を少しでも擬似体験したくて購入した「ソニー」の光るスピーカーのおかげで、おウチ時間が断然楽しくなりました! お家でキャンプに最適なコレ、な~んだ? こんにちは、LEON.JPの吉田です。 例年、ロックフェスで夏を満喫していた私にとって、今年はちょっと異例です。フェスどころか通常のライブですら開催が難しいコロナ禍が続いておりますが、いつかまた、あの得も言われぬ高揚感を再び味わえる日が来ることを祈りつつ、おウチで活用しているのがコチラ。

ソニーのブルートゥース・スピーカーです。今年5月、家電量販店でいろいろと聴き比べてみたところ、コチラの重低音がいちばん鼓膜の芯まで響いた感じでして。いちおう店員さんにロックとEDM向きのスピーカーはどれかと尋ねてみたら、「BOSEのモデル、またはコレ」という返答でしたが、購入の決め手となったのが音に合わせて光るライティング機能です。

赤や青、緑に黄色とマルチに光る前面のラインライトと、ビートに合わせてチカチカと光るスピーカー、ストロボのようなフラッシュが三位一体となる様子が瞬時に私の心を奪いました!

さらに「ライブサウンド」モードもうれしい限り。特にライブ音源をソレで聴くと、すごく臨場感があるんですよね。中止となってしまったフジロックに出演予定だったアメリカのバンド、ザ・ストロークスや、今年の初めになかなかチケットが取れなかったナンバーガールのザラついたオルタナロックから、ザ・チェインスモーカーズやグリフィンが繰り出すEDMのクリアーな音まで幅広く楽しめます。おウチにいながら、ちょっとしたライブ気分に浸れますよ~。 で、ソニーさんに問い合わせたところ、実は7月に新モデルが発売されたのだとか!

コンパクトさはキープしつつ、いろいろと進化した模様です。例えば、低音の表現に重要なパッシブラジエーターの面積が15%拡大したうえ、配置を両側面に移動させて最適化。さらに高音用スピーカーのトゥイーターも内蔵させ、高音域のボーカルもいっそうクリアーに聴けるように。また、光の動きや速さも改良されたそうですし、スピーカー同士を最大100台までブルートゥース接続して同じ音を流せるようですよ!

【関連記事】

最終更新:
LEON.JP