Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Music Sketch】悩みながら生きていく仲間や家族を描いた『mid90s』。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フィガロジャポン

ラストに2回、感動が押し寄せてくる。登場人物の背景はそれぞれ複雑だ。おそらく主人公スティーヴィーと兄イアンは父親が違うだろう。もしかしたら、スティーヴィーは自分の父親が誰なのかも知らないかもしれない。 「Music Sketch」記事一覧

誰もが心の拠り所を求めながら、素直になれないという葛藤

時代は1990年代半ばのロサンゼルス。スティーヴィーは少しでも早く大人になりたいと願う少年で、スケートボーダーの仲間になり、彼らと「自分の人生は最悪だと思うなかで、どうやって生きていくか」という悩みを抱えながら日々を過ごしている。しかしその悩みは、彼らの周辺にいる女子たちも、筋トレだけに生きがいを感じているスティーヴィーの兄や、心身の拠り所を求めている、シングル・マザーのスティーヴィーの母にしても同じである。そしてその不安は、いまの世相にも通じるものがあるだろう。 心温まるシーンのひとつは、スティーヴィーが、彼にとって兄貴的存在であるレイと一緒に過ごしている場面だ。同世代の友人や家族は大切なものの、少し違った視点から見守ってくれる歳の離れた先輩がいることは、彼の人生にとって刺激的で安心感にも繋がっている。

スケートボードと音楽を軸に、90年代のLAが蘇る

この『mid90s』では、さまざまな背景を持った登場人物がいるのと同じくして、当時を彷彿させるさまざまな音楽が次々と流れるのがいい。スティーヴィーがスケートボーダーたちの仲間に入るシーンではビッグ・エルの「Put It On」(94年の大ヒット曲、ビッグ・エルは24歳の時に射殺されている)、技を競い合うシーンにはファーサイドの「I’m The type of Nigga」(90年代の西海岸を代表するヒップホップ・グループのひとつ。92年のデビューアルバムに収録)といったアップテンポの音楽が、意味を持ちながら流れていく。

グランジやヒップホップ系の音楽が多いものの、世代を超えて誰もが知っている名曲も使用されている。スケーター仲間でLAのブルーバード(大通り)を滑っていくシーンには、ママス&パパスの「Dedicated To The One I Love」(西海岸で結成された男女のフォークグループ。ファイヴ・ロイヤルズのカヴァー曲で67年に大ヒット)。女子たちとのパーティの場面では、ハービー・ハンコック「Watermelon Man」(常に最先端のジャズを追求するハンコックが21歳の時、62年に大ヒットさせた)といった楽曲が映像に情感を添えていく。

【関連記事】