Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カープ佐々岡真司監督が二軍コーチ時代に語っていた薮田和樹の成長秘話。「泣きながら話を聞いていた」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 チームが連覇を果たした2017年にブレイクを果たした薮田和樹が、当時「とても大きな存在」と語っていたのが佐々岡真司監督(当時二軍投手コーチ)。薮田の入団時から指導を行い、その成長を間近で見てきた佐々岡監督は、2017年当時どのような思いでその活躍を見ていたのか? 二軍投手コーチ時代の佐々岡監督の言葉を紹介する。 (『広島アスリートマガジン』2017年11月号掲載) 【写真】山崎隆造氏が語る連続日本一。「新幹線内での万歳と広島駅の熱狂」 ◆薮田が変わった瞬間  薮田が入団してきて、最初に見た時からストレートの力強さに魅力を感じていました。大学時代、故障で公式戦は2試合しか登板していなかったようですが、二軍で順調に結果を残し、7月にプロ初登板を果たしました。しかし当時は制球難が課題で、すぐに二軍降格となり、私自身も薮田同様に悔しい気持ちになったことをよく覚えています。  指導してきた中で印象的なのは、昨季彼が2年目の時です。春先から持ち味のストレートが走らず、調子が上がらない状態が続いていました。もともと薮田もマイペースなところがあり、常に右肩に不安を抱える状態でもあったので、なかなか投げ込みを行うこともできていませんでした。そんな中、二軍ソフトバンク戦での登板後、きつく叱った事がありました。もちろん二軍は若手にチャンスが与えられる場所です。ですが、あの時の薮田はマイペース調整の中で、「時間をください」、「まだ調整しています」という言葉が返ってきていました。私はその考え自体が甘いと感じたので、あえて厳しい言葉を投げかけました。薮田は泣きながら私の話を聞いていましたが、当然悔しい気持ちがあったと思います。

 薮田自身が変わり始めたのは、その直後でした。練習、そしてゲームが終わった後というのは本来、投手はノースローで調整するものですが、薮田は100球以上も投げ込みを行うなど、練習に対する姿勢が一気に変わりました。それまでのマイペース調整を考えると、本当によく投げ込むようになったと思いましたが、さすがに私も「投げ過ぎで肩を壊されては困る」と心配になるくらいの変わり様でした。ですが、あの時期に投げ込みを続けた事で肩が強化されていったと思いますし、同時に精神面も鍛えられたのではないかと思います。  また薮田はテイクバックが小さく、独特の投球フォームが特徴の投手です。それだけに課題である制球難を克服する上で、急激なフォーム改良は難しいと私は判断し、ポイントを絞って指導しました。薮田も話していたかもしれませんが、彼は状態が悪くなると右腕が下がり、横振りで投げてしまう悪い癖があります。それを解消するために、『要所でカーブを投げて自分の調子を見極めろ』とアドバイスしました。私も現役時代にカーブを投げていましたが、縦振りで腕を振らなければカーブの制球力は落ちてしまいます。それを意識することで、少しずつ修正能力も向上していきました。  2017年に一軍で先発の軸となり、15勝をマークするなんて私も全く予想できませんでした(苦笑)。ですが、一軍当落線上の選手というのは、いかにワンチャンスを逃さずつかんでいくかが大事になります。そういう意味では、薮田はそのチャンスを見事にモノにし、自分の力でワンランク上へとステップアップしました。ルーキーの頃から指導してきた投手だけに、活躍する姿を見せてもらえてうれしかったですね。

【関連記事】