Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最高で最強の関西ジャニーズ生配信ライブ、万博公園で全27曲の一丸パフォーマンス

配信

音楽ナタリー

関西ジャニーズ勢による無観客生配信ライブ「Johnny's DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~」の初日公演が、昨日7月28日の「なにわの日」に行われた。 「Johnny's DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~」は毎年8月の大阪・松竹座公演に代わり、「明るく、楽しく、今年でしかできないエンターテインメント」を全国のファンに届けるべく行われる企画。初日は大阪・日本万国博覧会記念公園 太陽の広場からの野外ライブとして開催され、関ジャニ∞、ジャニーズWEST、そしてなにわ男子、Lil かんさい、Aぇ! groupを含む関西ジャニーズJr.総勢73名が出演した。 ライブのオープニングでは後輩から先輩へとそれぞれのオリジナル曲が歌い継がれ、ラストの関ジャニ∞は出演者全員を引き連れてこの季節にぴったりの「罪と夏」をパフォーマンス。さらにイベント公式Twitterで募集したリクエストをもとにした「メンバーカラーメドレー」、関ジャニ∞「ブリュレ」やジャニーズWEST「YSSB」といった楽曲が披露され、全国のファンを楽しませた。 グループの垣根を超えた「関西エモエモコラボメドレー」では、関ジャニ∞とAぇ! groupが2組のバンドスタイルで「勝手に仕上がれ」を披露し、ジャニーズWESTとなにわ男子は「ダイヤモンドスマイル」でコラボレーション。小中学生を中心とした関西ジャニーズJr.が、先輩たちと「ええじゃないか」を元気に歌い踊るなど、この日限りの貴重なパフォーマンスも次々と繰り出された。中盤には今回の公演のテーマである“ゼロディスタンス”を体感できるゲーム企画「ゼロディスタンス絵描き歌」を実施。各メンバーがカメラ越しのアクリルパネルに絵を描き、ファンと急接近する演出で盛り上げた。 終盤には広場の芝生をいっぱいに使い、関西ジャニーズJr.の代表曲「関西アイランド」が披露された。一旦メンバーたちはステージを後にするが、アンコールとして太陽の塔の前でジャニーズWEST「バンバンッ!!」をパフォーマンス。ラストは全員が手をつなぎ、関ジャニ∞・横山裕による「俺たちが、最高で最強の……」というおなじみのコールに合わせて「関西ジャニーズ!」と絶叫し、1時間52分、全27曲にわたる初日公演を締めくくった。 今回のライブに続き、8月1日から25日には各グループの配信ライブが松竹座にて行われる。視聴チケットは現在Johnny's netオンラインで一般販売中。

【関連記事】