Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

週明けのアジア株は高安まちまち、売買高低調-米国株先物はじり高

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 週明け22日のアジア株式市場は高安まちまち。売買高は低調で方向感のない展開。投資家は米国やオーストラリアで再び始まった新型コロナウイルス感染拡大の影響を見極めている。

S&P500種株価指数先物9月限は一時1%下落した後、プラス圏に浮上。日本時間9時22分現在0.3%高。香港株は下げて始まった。韓国とオーストラリア、日本の株式相場は下げ幅を縮小。これらの市場の主要株価指数は前週末とほぼ変わらずの水準。

米カリフォルニア州は新規感染者数が過去最多を記録し、フロリダ州では増加率が週平均を上回った。オーストラリアのビクトリア州が感染拡大に伴い緊急事態宣言の延長を決定したことで下落していた豪ドルは持ち直した。

原題:Stocks Mixed on Low Volume, U.S. Futures Edge Up: Markets Wrap(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Adam Haigh

【関連記事】