Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ネタバレ注意!】どう考えても無理がある!? 「ストーリー展開」に疑問が残る映画3選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハーパーズ バザー・オンライン

 今までに、ストーリー展開にどうも納得がいかない映画を観たことはないだろうか? 例えば、疑問が残ったままだとか、物語が穴だらけだとか。そういうことは、実際にある。最高の映画にだって、観る側が何日も、あるいは何年も後まで、論理の飛躍についてあれこれと考えてしまう欠陥があるものなのだ。  いい映画なら許すしかないけれど、そうした隙間だらけの一貫性のなさは、映画鑑賞体験を台無しにしてしまいかねない。それに、何十年も先までポップカルチャーの論争になってしまうこともある。  例えば、『タイタニック』。ジェームズ・キャメロン監督によるこの超人気大作には、もっともよく話題にされる欠陥のひとつがある。それは、海に浮かべたドアにはローズと一緒にジャックが乗るスペースも間違いなくあったということだ。なのになぜ、彼は自分もそれに乗ろうとしなかったのだろう? 【写真】どうせ観るなら騙されたい!? どんでん返しを楽しめる名作映画12選 それはともかく、以下に、ストーリー展開に欠陥のある映画をいくつかピックアップしてみた。もちろん、作品によって欠陥の目立ち方に違いはある。しかし、それでも、どれも理解しがたいものばかりだ。 念のために言っておくと、「ネタバレ注意」!

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』

「なぜ、ハリーは逆転時計を使って両親を救い、ヴォルデモートを殺さなかったのだろう?」 ハリー・ポッターの魔法ワールドで、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)とハーマイオニー(エマ・ワトソン)は時間を数時間逆戻りして、最終的にとシリウス・ブラックとバックビークを救う。ハリーはまた、未来の自分に呪文をかけてディメンターから守り、自分自身を救う。 ではなぜ、全シリーズのなかで逆転時計を見たのはここだけなのだろう? なぜ、ハリーは逆転時計を使って両親を救い、ヴォルデモートを殺さなかったのだろう? 「逆転時計は危険で、過去を完全に変えてしまうからだ」と言う人もいるが、その理由はよくわからない。

『タイタニック』

「なぜ、ローズの家族は彼女を探さなかったのだろう?」 『タイタニック』の最大の謎は、浮かんだドアにジャック(レオナルド・ディカプリオ)も乗るスペースは絶対あったということなのは間違いない。 タイタニックが沈没し、ローズ(ケイト・ウィンスレット)が生き残った後、彼女はジャックの苗字ドーソンを名乗り、全く新しい人生を始める。でもなぜ、彼女の母や婚約者のキャルドン・ホックリーは彼女を探そうとしなかったのだろう? 彼女は、後に女優として成功したという。つまり、それなりに有名になったということで、自分を隠し通すことはほぼ不可能だったのでは?

『ショーシャンクの空に』

「アンディはどうやって、トンネルの内側から壁にポスターを貼り直したのだろう?」 銀行家アンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)は、妻とその愛人を殺した罪に誤って問われて有罪になり、19年間服役。彼は他の受刑者と仲良くなり、刑務所長とは敵対した。岩を砕くハンマーだけで、彼は何年もかけてトンネルを掘るが、独房の壁の穴にリタ・ヘイワースのポスターを貼ってそれを隠す。しかし、謎なことは、彼がどうやってトンネルの内側からポスターを壁に貼ることができたのかということだ。

Translation: Mitsuko Kanno From Harper's BAZAAR.com

【関連記事】