Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【眼科医に聞く】慢性的なドライアイはどうしたらいい?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

目の「シバシバした感じ」に加え、かすみ目やピントの合わせづらさとも関係しているというドライアイ。一時的な違和感であれば、目薬などの使用により、改善できるでしょう。その一方、慢性化してきたとしたらどうなるのか。その原因や解決方法について、「富永クリニック眼科」の富永先生に解説いただきました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 富永浩一郎先生(富永クリニック眼科 院長) 杏林大学医学部卒業。杏林大学医学部眼科学教室入局。米国留学後、眼科クリニック院長などを経た2014年、東京都港区に「富永クリニック眼科」開院。目についての正しい情報を提供し、快適な毎日が送れるべく、日々の医療に努めている。日本医師会、日本眼科学会、日本眼科医会の各会員。

視線をそらすことが、目の休養になる

編集部: なぜドライアイが起きてしまうのでしょう? 原因について教えてください。 富永先生: 現代でその多くは、「まばたきの少なさ」が原因です。十中八九はパソコンやスマホによるものだと思いますね。情報のほとんどを画面から得る現代生活では、視点が固定されやすいのです。かつては、壁の時計や車窓といった「焦点距離の異なる物」を見ていたため、無意識にまばたきする機会が多かったのです。 編集部: 視点の固定とまばたきが関係しているのですか? 富永先生: そういうことです。同じ物をじっとみていると、まばたき、つまり、涙で目が潤う機会は減少します。また、ピントを合わせる筋肉がこわばり、眼精疲労に至ることも少なくありません。体の筋肉も、同じ姿勢を続けているとこわばりますよね。あの状態が、目の中でも起きていると考えてください。 編集部: そうなると、「視線をそらす」習慣を付けたほうが良さそうですね? 富永先生: 最低でも、1時間に1回は画面以外の物を見るといいのですが、集中していると、忘れてしまいがちです。とはいえ、「パソコン・スマホを使わない生活」なんて無理ですから、定期的に「視線をそらす」という工夫が避けて通れないと思います。大きく首ごと反らすと、自然にまばたきができるでしょう。 編集部: クセや習慣だと、治療というわけにもいかなそうです。 富永先生: そうですね。原因が生活習慣にある以上、治療しても、再発を繰り返すでしょう。たしかに治療の方法として、点眼薬やドライアイ専用の保湿メガネ、涙が鼻に抜ける腺をふさぐ「涙点プラグ」の埋入などはあります。しかし、長時間同じものを見ず視線をそらすであったり、意識的にまばたきをするであったり、目の負担を軽減させるのが、現実的な折り合いの付け方でしょう。それでも改善できないようなら、程度により、できることを考えましょう。 編集部: 市販の目薬を使ってもいいのでしょうか? 富永先生: 「ドライアイ専用の目薬」で、なおかつ、使用して効き目があれば、構わないと思います。逆に使用を控えたいのは、「充血を取る目薬」ですね。目が赤くなっているのは、血流の増加により、必要な酸素や養分を届けているからです。それなのに、血管の収縮作用がある「充血を取る目薬」を差すと、酸素や養分が送られずかえって疲れてしまいます。 編集部: 慢性のドライアイから発展しそうな目の病気はありますか? 富永先生: 目の角膜についた傷が深くなることで、感染症や炎症のリスクを増加させてしまいます。しかし、ちょっとしたゴミが目に入るだけで、痛くて目を開けていられなくなるでしょう。実際は、そこまで進まないうちに受診される患者さんが多いようです。

【関連記事】