Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「神が決めたのです」40代ストーカー男が結婚を申し込んだ日

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

※本記事は、弁護士の稲葉治久氏の著書『男はこうしてバカを見る 男女トラブルの法律学』(幻冬舎MC)の内容を一部抜粋・改編したものです。最新の情報・税制等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

「S子ちゃん!」想い人との再会に私の心は踊った。

《Nさんのケース》 40代で独り身のNさんは、家族をもたない寂しさを慰めるため、仕事を終えてマンションに戻ると睡魔に襲われるまで、毎晩、飽きることなくお気に入りのSNSを眺め続けていました。そのSNSは、Nさんの高校時代の同級生たちがクローズドな形にグループ設定をして交流の手段として利用していたものであり、夜になると活発なやりとりが行われていました。 それを見ている間は、Nさんはまるで昔の仲間に囲まれているかのような気持ちになり、自らの孤独を忘れることができたのです(ただし、Nさんは子どもの頃からどちらかといえば性格の暗いタイプであり、同級生たちとも積極的に交流していたわけではありません。SNSでも自分から発言することはほとんどありませんでした)。 あるとき、NさんがいつものようにSNSを覗くと、一本のメッセージが目に飛び込んできました。 《みんな、久しぶり、覚えている? S子よ。○子に教えてもらって、ここを知ったの。今日から私も参加するからよろしくね。実は最近、バツイチになってしまって……もし誰かいい人いたら紹介してね! あっ、子どもはいないから》 「S子ちゃん!」 Nさんはメッセージ内にあった女性の名前を思わず口に出していました。何を隠そう、S子さんはNさんが人生で初めて恋心を抱いた遠い昔の“想い人”だったのです。Nさんは思いました。 “これまで、なぜ自分は結婚できないのだろうと不思議に思っていたが、その理由が今わかった。S子ちゃんと結ばれる運命だったからだ。彼女が離婚し、そしてこのSNSを知ったのも、二十数年の時を越えて自分と再会し一緒になれるよう天が導いたからに違いない” 頭の中があらぬ妄想でいっぱいになったNさんは、次の瞬間、突拍子もない行動に出ました。SNSのメッセージ機能を使って、いきなりS子さんに結婚を申し込んだのです。 当然のことながら、Nさんのこの突然のプロポーズはS子さんに拒絶されました。しかし、Nさんは、以後も、「あなたと私は結ばれる運命なのだ」「神様がそう決めたのです」「お互い年が年なのだから早く一緒に子どもを作りましょう」などというメッセージを、ひたすら毎日、執拗に送り続けたのです。 「お願いだから、もう送らないでちょうだい!」とS子さんが拒否しているのも構わずに。

【関連記事】