Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【九州】一度は見たい「感動の桜絶景」9選!名所の桜並木や一本桜も

配信

じゃらんニュース

徐々に春色に染まる九州は、もうすぐ桜の開花シーズン。今回は、九州にあまたある桜スポットから、感動必至の桜絶景をご紹介します。 大迫力の一万本桜、5kmにわたり延びる桜並木、フォトジェニックな春色のコントラスト、リフレクションが美しい一本桜、歴史感じる城とのコラボレーションなど、思わず息をのむ見事な桜絶景の数々です。 ※紹介している桜の見頃等の情報は、2020年2月7日時点のものです。天候状況などにより内容が変わる場合がありますので、必ずおでかけ前にご確認ください。 ※掲載している写真は、本年イメージや昨年以前の様子となります。 ※旅行・お出かけの際は、安全、体調に十分に配慮しましょう。お出かけの際は公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

市房ダム湖【熊本県水上村】

1万本のビッグスケール。全長13kmにわたるダム湖の周辺道路が桜に彩られる、県下有数の名所。ビューエリアは広いが、「物産館 水の上の市場」から見る、ダム湖噴水(1回10分500円)との競演はここならでは。桟橋をわたり、噴水のそばまで行くこともできる。どこを切り取っても絶景!吊り橋「水輝橋」を散策するのもおすすめ。 <桜データ> 半世紀以上にわたり守り続けられる一万本桜。昭和35(1960)年に建設された市房ダム。その2年後に整備された周辺道路を中心に、当時の中学生によって桜が植栽されたのが、“一万本桜”と称される名所誕生の起源。 そして、昭和59(1984)年に村を挙げての「桜の里づくり」がスタート。現在も毎年植栽を実施し続けているのをはじめ、桜の花が咲く前や開花後に肥料をしっかり与えるなど、地道な保全活動があってこそ、毎年美しい桜を咲かせているというわけだ。水上村役場産業振興課の担当者は「初夏の下草刈り作業など、村民の方々によるボランティア活動の賜物」とも話す。まさに地域が一丸となって、次世代へと受け継ぐ“一万本桜”。そんな背景を知って満開の桜を見るのもまた一興だ。(ライター諫山) [本数]約1万本 [見頃]3月下旬~4月上旬 [観賞料]無料 ■市房ダム湖 [TEL]0966-44-0314(水上村役場産業振興課) [住所]熊本県球磨郡水上村湯山 [営業時間]散策自由 [アクセス]九州道人吉ICより50分 [駐車場]400台

【関連記事】