Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

在宅作業を妨げる「ネットの誘惑」をなんとかするツール16選

配信

ギズモード・ジャパン

STAY HOME、ウチで過ごそう。WORK FROM HOME、ウチで働こう。 在宅勤務、いいですよね~通勤はないし、一日パジャマでいられるし。しかし、いろいろなメリットがある一方、自宅には集中を妨げるものが多すぎるという問題もあります。Netflixとか、浴室からたまに聞こえるぴちょんという音とか、妙に静かな子供たちといった、ありがちなものだけではなくて。まあ、あなたを監視する上司の姿ということはないでしょうけれど(ただし、勤務先がZoomを使った厳しい監視体制を整えているとしたら別ですが)。 【全画像をみる】在宅作業を妨げる「ネットの誘惑」をなんとかするツール16選 でも、このような妨害に降参する必要はありません。集中力を奪うテクノロジーもあれば、与えてくれるテクノロジーもあります。デスクトップ用、モバイル用にかかわらず、目の前の仕事に対する集中力キープに役立つ専用アプリはよりどりみどり。実際、ベストなアプリはAndroidやiOS、Windows、macOSにすでに組み込まれています。 インターネットでの暇つぶしを悪いこととはいいません。しかし、もし、あなたがほんとうに大事な仕事に本腰を入れて取り組む必要があるのなら、ここで紹介するツールが役に立つはずです。

1. KeepMeOut

KeepMeOutはびっくりするほどシンプル。どのようなブラウザーでも使えます。このツールで、ブラウザーに専用のブックマークを作成し、なるべく距離を置きたいと思っているWebサイトへのアクセス頻度や滞在時間の上限などを設定しておきましょう。 たとえば、Facebookを見たくなったら、いつものようにFacebookを開くのではなく、KeepMeOutで設定したFacebook用のブックマークをクリックすれば、設定した頻度や時間以上のアクセスを防げます。また、勤務時間中の特定の時間帯にだけKeepMeOutが有効になるように設定することもできますよ。

2. FocusMe

「私に注目して!」とはうまい名前をつけたもの。WindowsとmacOSに対応したFocusMeは、アプリやWebサイトを総合的にブロックできる優れものです。カスタマイズは自由自在、休憩のリマインド機能やタイマーもありますし、ユーザーが勝手に制限の設定を変更したり、ツールをアンインストールしたりできないようにする機能もついています。さらに、コンピューターの使用時間も記録可能。無料の試用期間は14日間ですが、それ以降の使用料は月額650円(6ドル)からとなっています。

【関連記事】