Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

若手の台頭かベテランの意地か 最も強い年代は?|データでみるTリーグ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

創設2シーズン目を終えた卓球・Tリーグは今年11月から3シーズン目に突入する。9月には「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」を開催、その資金をクラウドファンディングで集めるなど、オフシーズンも話題に事欠かない。 【写真】Tリーグ、日本代表で活躍する若きエース張本智和 オフシーズンのニュースとしては、移籍や新加入も大きな目玉となる。木下アビエル神奈川は、韓国の16歳・申裕斌(シンユビン)との契約合意を発表し、話題を呼んだ。また、木下には12歳・張本美和の3季連続参戦も決まっており、若い力がチームを活気づけている。 一方、男子の木下マイスター東京には、セカンドシーズンMVPの39歳・侯英超(ホウエイチョウ)が、琉球アスティーダには40歳の朱世赫(チュセヒョク)が今季も参戦することが報じされた。 そこで今回は、現在Tリーグで活躍している選手たちを年代別にまとめてみた。若手からベテランまで幅広い選手が活躍するTリーグで最も活躍しているのはどの年代なのだろうか。

年代別出場数からみるTリーグの選手構成

まずはTリーグの選手を年代別に分類。今回は、19歳以下、20~24歳、25歳~29歳、30歳~34歳、35歳以上という分類を行った(※ただし年齢は2020年4月1日時点)。 まずは年代別の出場数を見てみよう。集計対象は2019-2020シーズンのリーグ戦シングルス(VMを除く)とした。 <年代別出場試合数合計> 19歳以下:101試合 20歳~24歳:146試合 25歳~29歳:214試合 30歳~34歳:41試合 35歳以上:64試合 上記の結果、最も試合に出場しているのは25歳~29歳の214試合となった。 この世代に含まれているのは、松平健太(28歳)、吉村真晴(26歳)、丹羽孝希(25歳)、大島祐哉(26歳)、石川佳純(27歳)ら日本代表での実績も豊富なメンバーだ。 丹羽と同級生の吉田雅己、町飛鳥(ともに25歳)らも多くの試合に出場している。リーグ戦シングルス男子最多出場の神巧也(27歳)、外国人選手最多出場のサウェータブット・スターシニー(25歳・タイ)もこの世代だ。 年齢的にも脂の乗ってくる25歳~29歳の選手たちがTリーグの屋台骨となっているようだ。 逆に、最も出場数が少ない世代は30歳~34歳の世代となった。 水谷隼(30歳)やマルコス・フレイタス(31歳・ポルトガル)らを擁する世代だが、この世代でリーグ戦シングルスに出場したのはわずか6選手。現在のTリーグは男女計8チームの構成、1チームあたり1人を下回る結果となった。

【関連記事】

最終更新:
Rallys