Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ヒーリングっど プリキュア』悠木碧・依田菜津・河野ひよりが「プリキュア」から学び、叶えた夢【インタビュー】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超!アニメディア

『プリキュア』シリーズ第17作目となる『ヒーリングっど プリキュア』(以下、『ヒープリ』)。本作は、「思いやり」と「絆」をテーマとした癒やしのプリキュアで、“地球のお医者さん見習い”であるヒーリングアニマルと一緒にプリキュアに変身し、地球を“お手当て”する、という物語で展開していく。  そんな『ヒープリ』の『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』が、2020年10月31日(土)に公開。超!アニメディアでは、キュアグレース/花寺のどか役の悠木碧、キュアフォンテーヌ/沢泉ちゆ役の依田菜津、キュアスパークル/平光ひなた役の河野ひよりにインタビューを敢行。それぞれが演じる「プリキュア」の紹介と、「プリキュア」シリーズへの想いや『ヒープリ』の魅力、また、『ヒープリ』『スター☆トゥインクルプリキュア』(以下、『スタプリ』)『HUGっと!プリキュア』(以下、『HUGプリ』)の3世代のプリキュアが共演する映画のみどころなどを中心にお話いただいた。(取材は1月に行われ、この記事はそのインタビューを再構成したものです)

みんなの憧れなんだよね、プリキュアは。

――まずは、それぞれが演じるキャラクターについて紹介をお願いします。 悠木 私が演じる花寺のどかは、元々ちょっぴり体が弱かった時期がある子でして……。でも、その時に色々な人から優しさや愛情を受けてきた結果、彼女自身が人の役に立ちたいという強い気持ちを持つようになるんです。優しさと信念を秘めた女の子です。一方で、プリキュアに変身していないときはちょっぴり……いや、かなーりどんくさい(笑)。相棒のラビリンに見捨てられかけることもありましたが、心の肉球を共鳴させて、今では立派にチームリーダーのような、みんなを繋ぐ存在になりつつあります。のどかは私にないものをたくさん持っている素敵な子なので、楽しく演じさせていただいております。 依田 私が演じる沢泉ちゆちゃんは、成績優秀・スポーツ万能・美人という何でも出来る女の子です。責任感が強く面倒見もよくって、気になることや困っている人を見たらほっておけない性分。本作ではお姉さん的な立ち位置ですね。お家が温泉宿だから、自然と奉仕の心を身近に感じられて、面倒見もよくなったのかなと思っています。 河野 平光ひなたは元気で、明るくて、何にでも一生懸命! その明るさで周りの人も明るくしちゃうような元気印です。のどかちゃんやちゆちゃんは、ひなたのこれまでの友人関係の中では新鮮な子たちだったと思うのですが、出会ってすぐにあだ名で呼ぶんですよね。そんなあまり物怖じしない面も彼女の魅力だと思います。色々なことに一生懸命なのは彼女のよさですが、ちょっとうっかり屋さんなところもあって、失敗しちゃうことがあるんですよ。そんなときは「何で失敗しちゃったんだろう」「みんなに迷惑をかけたくないのに、どうしたらいいんだろう」って悩んじゃう。ただ明るいというだけではない側面に人間味を感じましたし、親近感も湧きました。そんなひなたのテンションの高さや、気持ちの高低を丁寧に演じていきたいと思っています。 ――今回で第17作目となる「プリキュア」シリーズ。皆さんはどのような思い入れがありますか? 悠木 私は大人になってから「プリキュア」にハマったんですよね。きっかけは『キラキラ☆プリキュアアラモード』。キュアショコラのデザインが天才的で、カッコよすぎて惹かれました。実際にアニメを観てからは、そのカッコよさがちゃんと“女の子としてカッコいい”と感じたんです。それは、これまでにない出会いで衝撃を受けましたし、「プリキュア」がより好きになりました。でも、『キラキラ☆プリキュアアラモード』が放送されている前後では、常軌を逸した役を演じることが多かったこともあり、「プリキュアにはあんまり向いていないかな」「なれないかな」と思っていたんです。 ――そうだったんですね。 悠木 それでも、『映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』で、パティシエのおばけ・クック役をやらせていただけて。あの時は「こういう関わり方ができるんだ」と、メチャクチャ喜びました。それだけでも嬉しかったのに、今回まさかプリキュアになれるなんて……夢のようです。 依田 私はキャスト発表のとき悠木碧さんの名前を見かけて、とにかくテンションがあがりました! 河野 私もです! 悠木 ほんとに!? ありがとう。あの……特に最近の「プリキュア」シリーズって、キャラクターと一緒に新人声優さんが成長していくという印象があって。私だってまだまだ成長したいという想いはもちろんありますが、私がここで関わっちゃうと、“とうが立っちゃう”んじゃないかって、そう思ったんです。だから、もう無理かなと思っていたのですが、私より先輩たちだって「プリキュア」で活躍されてきましたし、希望を捨てずにオーディションを受けようと思って臨んだら、のどかと出会うことができました。 ――夢を諦めなかったから、叶った。 悠木 そうなんです!  ――素敵なお話、ありがとうございました。依田さんはいかがですか? 依田 私、『HUGプリ』には若宮アンリ君の幼少期の役で、『スタプリ』では天宮えれなちゃんの双子の弟である天宮たくと君・いくと君役として、作品に関わらせていただきました。しかも、『HUGプリ』でキュアエールを演じていた引坂理絵ちゃんとはデビューした頃から仲が良くって。理絵ちゃんがプリキュアになってすごいと思いましたし、私も一緒に『HUGプリ』に参加できたのが本当に嬉しかった。とはいえ、「私もプリキュアになりたいな」って気持ちも、もちろんあったんです。でも、プリキュアになれるのはほんの一握りの人だけ。「自分にはチャンスなんて回ってこないだろう」って、半ば諦めていたんですよね。 ――なんと……! 依田 でも、『HUGプリ』の打ち上げのときに、デビュー当時からお世話になっている宮本佳那子ちゃんが「なっちゃん、いつプリキュアになるの?」って言ってくれて。その時「なりたいって言葉にするくらいはいいのかも」って思って、理絵ちゃんに「私、プリキュアになりたいんだよね」って言ったら、「なれるよ!」って、すぐにそう返ってきたんです。これだけ「プリキュア」に携わる人たちに肯定してもらえて、しかも、『スタプリ』にも一年間関わらせていただき、憧れの自分を描くことはとっても素敵なことだと教えてもらって……。思い返してみたら、『HUGプリ』で私が演じたアンリ君のセリフも「みて、僕なんでもできる」だったんです。こんなにも素敵な言葉や人たちに囲まれている、それなのに、私は何してるんだろう、私が「なんでもできる、なんでもなれる」を信じられなくってどうするんだ!って、そう思ったんです。そして、自分を奮い立たせて、マネージャーさんに「オーディションを受けさせてください」ってお願いしました。 ――「プリキュア」から教わったことが、オーディションを受ける行動につながった。 依田 そうなんです。オーディションに受かったと聞いたときは、もう人生で思い残すことはないだろうと思うくらい嬉しかったです。でも、この一年間でもっと成長していきたいとも思っています。……すいません、色々と話し過ぎました……! ――熱い想いが伝わってきて、心も目頭も熱くなりました。 依田 ありがとうございます……! ――河野さんは「プリキュア」とどのように関わってきましたか? 河野 私が小学生になる前くらいに、ちょうど『ふたりはプリキュア』の放送がスタートしたんです。手を繋がないと変身できなかったり、必殺技が放てなかったりするのが、当時は衝撃的でした。でも、すごくカッコよくって! まだ小学生にもなっていなかった私からしたら、中学生のなぎさとほのかが、すごくお姉さんに見えたんです。憧れていました。小学生になってからは身の回りの鉛筆や筆箱がぜんぶ「プリキュア」になっていましたね。 ――河野さんは小さい頃から「プリキュア」を観ていたんですね。 河野 はい! でも、どんどん憧れのお姉さんたちの年齢に追いついてきて、友達とうまくいかないことや、自分が「こういう風に生きたい」ということをうまく言えなくて閉じこもっちゃうこともあって……。いつの間にか、あんなに憧れていた「プリキュア」がまぶしすぎて、すべてを受け止められなくなっちゃったんです。だから、一時は観ない時期がありました。 ――そうだったんですね……。 河野 その後、「声優になりたい」と思うようになってから、また「プリキュア」シリーズを観始めるようになりました。そのとき「人のためになりたい」、「楽しいものを見つけてそれをみんなと共有することの大切さ」など、作品から本当にたくさんのことを教えてもらったんです。「プリキュア」ってこんなにも深いお話なんだと思いました。 ――「プリキュア」から教えてもらったことがたくさんある。 河野 あります! 『ヒープリ』では、「誰かのために行動する素晴らしさ」を知りました。身内の話になっちゃうのですが、私の母って、正義感が強くて、人に優しくて、「誰かの笑顔のために頑張ろう」と思う人なんですよ。でも、それによって傷ついたり、損したりする姿も見てきました。そんなお母さんの顔を見るのがちょっと辛くて、大変なんじゃないかってずっと思っていて。でも、お母さんは「そんなことないよ」って言い続けていたんです。  今回『ヒープリ』に関わったことで、「誰かのために動くことは、カッコいい」ということに、改めて気が付きました。それを実行してきた母もカッコいいんです。私は大人になってからちゃんと「プリキュア」のよさを言葉として理解できるようになりました。そんな「プリキュア」を小さい頃から観られた人生って、恵まれているんだなって今では思っています。やっぱり、私にとって、プリキュアは憧れの存在だったんです。 悠木 みんなの憧れなんだよね、プリキュアは。 ――そんな憧れのプリキュアになりました。 悠木 発表されたとき、色々な人から「おめでとう」の連絡がきました。反響の大きさと併せて、作品の偉大さを改めて実感しています。 ――「プリキュア」への熱い思いを持つ3人が出演する『ヒープリ』。共演してみて、お互いにどういう印象を持ちましたか? 河野 まずは出会えてよかった! 依田 嬉しい! 河野 おふたりはもちろんですが、『ヒープリ』の現場にいる全員が「プリキュア」のため、観てくれる人のため、誰かのためにという気持ちで動いているのが分かるんです。それに刺激されっぱなしですね。そういう気持ちで作り上げている作品だということが届いて欲しいし、届けなきゃ!とも思っています。 悠木 ひよりちゃんとは共演経験がありますが、メインキャラクターでこの3人が一緒になるというのはこれまでなくって。だから、一年間うまくやっていけるかな、みんなと仲良くやれるかなという、何だかクラス替えをしたときのような不安がありました。でも、実際に会ってみたら、みんな「プリキュア」に憧れていて、しかも、夢が叶ってキラキラしていると感じたんです。そこからは「この気持ちを守っていかなければ」という、庇護欲みたいなものが生まれました。特に何かができるという訳ではないですが、ふたりの「プリキュア」への熱い想いを感じて、「最高のプリキュアにしなきゃ」って気持ちになっています。 依田 私はそもそもアニメでメインキャラクターをやらせていただくのが初めてで、しっかりお会いしたことがあったのも(ペギタン役の)武田華さんだけでした。だから、すっごくドキドキしていたんですけども、いざ3人で揃うと、本当に恐縮なんですけども、しっくりくるなって感じたんですよね。上手く居場所にはめ込んでもらえて、自分が思っていた以上にのびのび、楽しく演じられています。ふたりとも、頼りにしています。至らない点もたくさんありますが、これからもよろしくお願いします! ――いいチームですね。 悠木 本当にいいチームです。

【関連記事】