Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大谷の投手復帰を明言も…指揮官がフル稼働に消極的な理由

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 開幕が決まったと思ったら、指揮官がトーンダウンである。  エンゼルスのマドン監督(66)が24日(日本時間25日)に電話会見。大谷翔平(25)の開幕(7月下旬)からの投手復帰を明言しながら、「より積極的に使おうとは思わない」と慎重な姿勢を見せた。投打の二刀流をこなした渡米1年目の序盤同様の起用をするとみられる。  今季から指揮を執るマドン監督は就任当初、大谷を「真のアスリート」と絶賛。登板時にはDHを使わず、「3番・投手」として通常のオーダーに入れることも視野に入れていた。投げないときは、外野手として起用するプランまで明かしたくらいだ。  今季は通常の3分の1程度の60試合しかやらない。大谷の能力を高く評価しているのならなおさら開幕からフルスロットル、投打にフル回転させてしかるべきなのに、指揮官の考え方は逆。投げては中6日、野手としても無理遣いはしない方針という。  マドン監督が大谷の起用に消極的なのは、本人の負担を考慮したことが大きい。投手としては肘の腱を移植するトミー・ジョン手術明け。昨秋には左膝を手術したばかりだ。折からのコロナ禍を考慮すれば、調整が万全だとは言い切れない。  マドン監督自身、今年は3年契約の1年目。大谷を無理遣いして来季以降に影響するようなことになればむしろダメージはデカい。それでなくともエンゼルスは、例年以上に戦力が整った。投打とも故障者に戦列復帰のメドが立ち、昨オフは7年約266億円で強打の三塁手であるレンドン(前ナショナルズ)を獲得。必ずしも病み上がりの選手の尻をたたく必要がなくなった。  いずれにせよ、大谷は今季、体調と相談しながらプレーできそうだ。

【関連記事】