Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DS3 クロスバックの電気自動車、「DS3 クロスバック E-TENSE(E-テンス)」を日本でも発売開始

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Webモーターマガジン

航続距離はJC08モードで398km。急速充電はCHAdeMO規格に対応

2020年7月29日、グループ PSA ジャパンは、DS オートモビルズのエレクトリック コンパクト ラグジュアリーSUV「DS3 クロスバック E-テンス」日本仕様の詳細を発表して発売を開始した。 【写真】リアビューやインパネ、構造図などを見る(全14枚) DSブランドのコンパクト ラグジュアリーSUVがDS3 クロスバックだ。2018年にフランス本国で発表され、2019年に日本デビューを果たした。そのDS3 クロスバックの100%電気自動車である「E-テンス」は2019年10月にワールドプレミアされ、近く日本にも導入されるとアナウンスされていた。今回、そのDS3 クロスバック E-テンス 日本仕様の詳細が発表され、発売も開始された。 車両の概略は当Webサイトでも以前に紹介しているので、ここでは日本仕様の特徴について紹介していこう。DS3 クロスバック E-テンス 日本仕様の外寸は、全長4120×全幅1790×全高1550mm、ホイールベースは2560mm。このサイズは、ICE(内燃機関)版ののDS3 クロスバックとまったく同じで、立体駐車場も利用可能だ。車両重量は1580kg(グランシック)と、フルEVとしては軽いほうだ。 プラットフォームはICE版で採用されている「CMP」の電動版である「eCMP」を採用。ICE版から向上した静粛性、スムーズな加速、重厚感ある乗り心地を提供する。また、居住空間やラゲッジスペースなどはICE版と基本的に変わりない。 容量50kWhの液冷式リチウムイオンバッテリーをセンタートンネルや前後シート座面下に搭載し、パワートレーンには最高出力136ps(100kW)/5500rpmと最大トルク260Nm/300-3674rpmを発生する電気モーターで前輪を駆動する。航続距離はJC08モードで398km、超高速モードを含む欧州WLTCモードで320km。欧州でのコンパクトセグメントの1日あたりの平均走行距離は40kmとなっているから、週に1回の充電で済むという。 日本仕様は、コンセント型普通充電(200V/3kW/15A)なら約18時間で満充電、約4時間弱で50kmの走行が可能。ウオールボックス型普通充電(200V/6kW)なら約9時間で満充電、約2時間弱で50kmの走行が可能。急速充電はCHAdeMO規格に対応しており、50kWなら約50分で80%の充電ができる。 グレードと車両価格(税込)は、So Chic(ソーシック)が499万円、Grand Chic(グランシック)が534万円。ただしソーシックは受注生産となる。グレードの差は装備の違いで、内装はソーシックがファブリック、グランシックがナッパレザー&ファブリックとなる。主要装備では、ソーシックでもフルLEDライト、バックカメラ、オートエアコン、デジタルインストルメントパネル、17インチアロイホイールなどを標準装備。グランシックでは、さらにドライブアシストなどの安全運転支援装備、ヘッドアップディスプレイ、アルミペダル、18インチアロイホイールなどを標準装備する。 日本市場では、メルセデス・ベンツ EQCや日産 アリア(2021年中頃発売予定)といったミドルクラスSUVのフルEVは登場しているが、コンパクトSUVのフルEVは日本車を含めても初めてのモデルとなるDS3 クロスバック E-テンス。世界的にも、あらゆるセグメントでEV化が加速していくようだ。 ●DS3 クロスバック E-テンス グランシック 主要諸元 ・全長×全幅×全高:4120×1790×1550mm ・ホイールベース:2560mm ・車両重量:1580kg ・パワーユニット:交流周期電動機・横置きFF ・バッテリー容量:50kWh ・最高出力:100kw(136ps)/5500rpm ・最大トルク:260Nm(28.5kgm)/300-3674rpm ・トランスミッション:無段変速機 ・タイヤ:215/55R18 ・車両価格(税込):534万円

Webモーターマガジン

【関連記事】