Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渋野日向子はなぜ予選落ちしたのか。強風が明暗を分けたアース・モンダミンカップ2日目をレポート!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

現在開催中の国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」。その二日目の模様を、ライブ配信を介してスタート時から通しで観戦したプロゴルファー・中村修がレポート! 渋野日向子のアイアン連続写真

強風が午後スタート組に直撃

アース・モンダミンカップ2日目は雨こそ降りませんでしたが、代わりに強風が選手たちを襲いました。7~8時台は風もなかったので午前スタート組は影響が少なかったですが、9時過ぎ辺りから風が出てきて、10時を過ぎるころには強風に。ピークはお昼頃で、木更津観測台の発表によれば、瞬間最大風速で15.7m/sもの強風が吹いていたそうです。 通常の試合であれば天候でスコアが大きく左右されることは少ないのですが、今大会は出場人数が多かったがために、初日は午前組が、2日目は午後組が天候による影響を大きく受け、組み合わせの運不運が顕著に出てしまいましたね。 そんな中でもプラチナ世代の古江彩佳は通算2アンダー、安田祐香、吉田優利は通算1オーバーで予選を通過。プラチナ世代の実力をしっかり実戦で見せてくれました。 さて、本日スコアを大きく伸ばしたのはまず田中瑞希。前半で3バーディ、後半で4バーディ2ボギーとスコアを5伸ばし、トータル9アンダーで暫定単独首位に躍り出ています。ちょうど風が強くなる前に前半を終えられた、という運の強さもちろんありますが、初日の4アンダーに続き、コンディションが悪い中でもしっかりスコアを伸ばせています。 もう一人、好調なプレーを見せていたのが鈴木愛。前半からショットが決まってバーディチャンスにつけ続けていましたが、バーディは1つしか決めきれずパーを積み重ねます。 最終ホールの9番で強風に負けて池に入れトリを叩いてしまったものの、今日は2アンダーで上がり、トータル6アンダーで暫定2位タイで予選通過です。“優勝請負人”の異名を持つ清水重憲キャディとのコンビも息が合っていてすごく良かったですね。 畑岡奈紗も強風が吹く午後スタートで、出だしで2連続ボギーとするものの、崩れずにこらえたのは流石の一言。最終的にひとつスコアを伸ばしてトータル3アンダー暫定15位タイで予選通過を決めています。

【関連記事】