Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

22日 九州から東北で30℃ 南西諸島、伊豆諸島で大雨

配信

tenki.jp

きょう22日は、前線と低気圧の影響で南西諸島と関東周辺、伊豆諸島で雨。雷雨や激しい雨も。九州など西日本や東北日本海側は晴れて、軒並み30℃前後の暑さに。

きょうの天気 南西諸島と伊豆諸島などで大雨

きょう22日月曜日は、北から高気圧に覆われますが、梅雨前線が奄美や沖縄付近から日本の南に停滞する見込みです。その前線上を進む低気圧が、夜にかけて関東近海まで移動するでしょう。 沖縄は、八重山地方と宮古島地方では晴れますが、本島地方や大東島地方、鹿児島県奄美地方では、午後にかけて雨の降る所が多く、雷が鳴ることや雨脚の強まる所がありそうです。これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があり、土砂災害の発生するおそれがありますから警戒してください。河川の増水や氾濫、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に、ご注意下さい。あすの朝6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、沖縄本島地方で150ミリ、奄美地方で80ミリの見込みです。 九州から四国と中国地方では晴れて、日中は強い日差しが照りつけるでしょう。近畿から東海、北陸は雲が多く、午後を中心に所々で雨が降る見込みです。東海地方では、午後から雷を伴う所がありそうです。関東周辺は一日を通して雨の所が多いでしょう。千葉県や茨城県と伊豆諸島では雷を伴う所があり、伊豆諸島では激しく降ることもある見込みです。ご注意下さい。伊豆諸島で、あすの朝6時までに予想される雨量は、多い所で、120ミリです。伊豆諸島では、警報級の大雨になる可能性もあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要です。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうにも、ご注意ください。 東北から北海道は、山形県から秋田県、青森県にかけて晴れますが、ほかは曇り空の所が多いでしょう。所々で雨が降る見込みです。

きょうの気温 東北日本海側から九州、沖縄で真夏日

きょう22日の最高気温は、沖縄と九州から近畿、北陸、東北日本海側にかけて、きのうと同じか高くなる見込みです。軒並み25℃以上の夏日や30℃以上の真夏日で、真夏並みの暑さになる所もありますから、くれぐれも熱中症に、ご注意下さい。マスクの着用中に息苦しさを感じたら、周囲2メートル以内に他の方がいないことを確認しながら外すことも熱中症対策のひとつです。 東海から関東は、きのうと同じか低い所が多いでしょう。東海は25℃前後、関東周辺は22℃前後で、4月並みの気温に戻ってしまう所もありそうです。長袖やジャケットが、ちょうどよいくらいです。 東北は、日本海側と太平洋側とで5℃以上の開きがあります。日本海側では30℃前後になる所が多い一方、太平洋側では25℃に届かない所があるでしょう。 北海道は、20℃前後の所が多く、道東など15℃前後の所がありそうです。

日本気象協会 本社 高橋 則雄

【関連記事】