Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

客単価倍増にSNSでの口コミ拡散 老舗タオルメーカーが見出したZoom接客の可能性

配信

WWD JAPAN.com

Zoomをはじめとするビデオ会議・通話サービスを用いた接客手法は、コロナ禍での店舗休業中の一時的な対応策のようにも思われた。しかし、政府の緊急事態宣言が解除され、店舗が再びオープンした後も、この接客手法を続けている企業がある。今治タオルの中でも、環境と安全に最大限に配慮したモノ作りを行っている老舗タオルメーカー「イケウチオーガニック(IKEUCHI ORGANIC)」だ。同社は4月25日から“オンラインZoomストア”と称してZoomやFaceTime、ビデオチャットなどでの接客をスタート。5月25日に店舗を再びオープンしてからも、“オンラインZoomストア”を継続している。「イケウチオーガニック」が、店舗営業再開後もZoom接客を続けるのはなぜなのか。“オンラインZoomストア”を率先して実施してきた益田晴子ストアマネジャー兼京都ストア店長に話を聞いた。 【画像】客単価倍増にSNSでの口コミ拡散 老舗タオルメーカーが見出したZoom接客の可能性

「イケウチオーガニック」は4月12日までに東京、福岡、京都の全店舗を休業。電話やメール、SNSのDMなどでの接客対応にシフトしていた中で、アパレルメーカーの「オールユアーズ(ALL YOURS)」のZoom接客を参考に、“オンラインZoomストア”をオープンした。「電話やメールなどで対応はしてきたが、お客さまからも顔を見て話したり、商品を見たりしたいといった要望が多かったため、何かできないかと考えていた中で、Zoomを使った接客に至った。コロナ以前から今治の本社と東京のオフィスや各店舗で、Zoomを使った会議をしていたため抵抗はなかった」と益田店長は経緯を話す。

"ポイントは「共通言語をどこまで作れるか」"

そうして始めた“オンラインZoomストア”は主に、土曜と日曜、1組40分~1時間を目安に1日5~7組を接客(店舗再開後は1日2組)。当初は益田店長が1人で担当をしてきたが、傾向や問題点をある程度把握し、既に東京店、福岡店の店長も“オンラインZoomストア”に参加するべく準備を進めているという。「共通言語をどこまで作れるのかは大きい。既に当社のタオルを使っているお客さまの場合は、品番をお伺いしてそれよりも柔らかいモノ、硬いモノといったオススメの仕方をしている。まだ当社の製品をまだ知らないお客さまに対しては、誰もが想像できるようなモノに例えるように努めている」と語る。

【関連記事】