Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島・如水館高校 元プロ監督が“伝書鳩LINE”で厳重注意

配信

NEWS ポストセブン

 各都道府県の高野連が独自の地方大会開催を協議するなか、広島の強豪・如水館高校が揺れている。学校関係者が語る。

「昨年4月に元プロ野球選手の大久保学氏(55)が野球部の監督に就任したのですが、就任直後の県大会から、バックネット裏のコーチに審判や相手選手の特徴をスマホに送らせていたことが発覚。今年5月、監督とコーチに対して高野連から厳重注意を受けたのです」

 県の高野連は試合中のルールとして、「ベンチ内への携帯電話の持ち込み」を禁止している。

「携帯の持ち込みを許すと試合中に外部の情報がリアルタイムで入手できてしまい、フェアプレー精神に反するからです」(スポーツ紙記者)

 本誌は昨春の広島県大会で強豪・広陵を下した2回戦での、ベンチ外のコーチから監督に送られたLINEを入手した。

〈(相手投手は)右バッターの入りが変化球で、左バッターの入りがストレートが多いです〉 〈〇〇(相手校選手の実名)のスライダーに広陵があって来てます〉 〈球審は左バッターの外のストライクゾーン広い〉

 その他、守備シフト、9人の相手打者の特徴を事細かにベンチの監督に送信。如水館はこの県大会で準優勝に輝いた。

 大久保監督を直撃すると、高野連から厳重注意を受けたことを認めた上で「もう話は終わっています」と足早に立ち去った。如水館は「再発防止に努めるよう指導しております」と回答した。

 高校野球の取材を続けるノンフィクションライターの柳川悠二氏が語る。

「試合中に外の人間がベンチ内に情報を伝える“伝書鳩”行為は、世界的にも禁止されている。本来なら球児をフェアプレーに導くべき指揮官が自らこうした行為に手を染めるのは極めて悪質です」

 広島商業で主将としても監督としても夏の甲子園優勝を経験し、如水館を8度の甲子園に導いた迫田穆成・前監督(80)に尋ねると、こう話した。

「勝負事にはやっていいことと悪いことがある。子供に変なことを教えたらいけんのです」

【関連記事】