Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リヴァプールがチアゴの獲得に興味…クロップ監督が高く評価も移籍金には開きか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 リヴァプールは今夏、バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの獲得に動く可能性が高まっているようだ。17日付けでスペイン紙『アス』が報じている。  30年ぶりにプレミアリーグを制覇したリヴァプールは、来シーズンに向けてチアゴの獲得に興味を示している模様。報道によると、補強戦略の一端も担うユルゲン・クロップ監督が同選手を高く評価しており、獲得に前向きな姿勢を示しているという。  今シーズンの公式戦36試合に出場したチアゴは、現在29歳。来シーズン終了時点でバイエルンとの契約を満了すると見られており、バイエルンは同選手に3600万ポンド(約48億円)の移籍金を設けているとされる。しかし、リヴァプールは2300万ポンド(約31億円)までしか支払うつもりがないとも伝えられている。  今後の両クラブ間の駆け引きも含めて、チアゴの去就には大きな注目が集まっているようだ。

SOCCER KING

【関連記事】