Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

miletが語る現在までの集大成、坂本龍一からの学び、愛の言葉と心の支え

配信

Rolling Stone Japan

デビュー1年にして5枚ものEPをリリースしたmiletが、待望の1stアルバム『eyes』を6月3日にリリースする。数々のヒット曲を含む全18曲を収録した同作は、日本の音楽シーンを塗り替えるであろう渾身の一枚。今回のインタビューではアルバムの制作背景を掘り下げつつ、後半ではmilet本人に作成してもらったプレイリストを解説してもらい、彼女のリアルな本音に迫った。 Toru(ONE OK ROCK)プロデュースの新曲「Somebody」のティザー映像 ー満を辞してのアルバム、素晴らしかったです! milet:やっと完成しました(笑)。 ー全18曲というボリュームも集大成を感じさせますが、どんなアルバムを目指したんですか? milet:そんなに纏まりのあるものにはならないだろうな、という予感はしていました。「us」を歌い始めたあたりから、自分が作る曲のベクトルがいろんな方向に向かい始めて、どんな曲でも歌えるという自信がついたんですよね。だから今回も「作品展」みたいなアルバムにしようと。統一感のなさも含めて、私らしい一枚になったと思います。 ー今ではすっかり代表曲となった「us」ですが、miletさんにとっては大きな挑戦だったと、リリース時のインタビューでも話していました。 milet:自分のなかで、あそこまでJ-POPに振り切るのは予想外の展開だったんです。それまでは洋楽的な音で攻めていたのに、王道のJ-POPを求められたので。でも、それが多くの人たちに届いたことで、もう何も怖くないと思えるようになって。そこから自分が普段やらないようなことでも、取り敢えずやってみようと考えるようになりました。 ーそんな経緯もあって、アルバムではmiletさんの魅力が全方位で発揮されていますね。 milet:どの曲も自分のなかからスムーズに出てきたものばかりだし、どこを取っても私の一部分だと言えるものになりました。 ー統一感は気にしなかったとのことですが、収録曲の流れがドラマティックで最高だなと。既発曲も改めてフレッシュに聴こえるし、新曲のカラーも最大限に発揮されている。 milet:構成はかなり意識しました。最初は「Again and Again」で、最後を「The Love We’ve Made」で締めるのは早い段階で決めていたけど、どの曲も毛色が違うし順番を決めるのは難しかったです。5~7曲目の「inside you」「Drown」「You & I」(いずれも過去のEPに収録)はどれも安心感があるので、そのあとに新曲が3つ連続しても、私の匂いを引きずっていけるかなとか。色々と考えました。 ー「Again and Again」から始まるのもいいですよね。一気に視界が開けていく感じ。 milet:始まりを任せられるのはこの子しかいないと思って。以前、ライブで1曲目に「Again and Again」を歌ったとき、自分のなかで上手くスタートを切れた感じがしたんです。勢いもあるし、この曲なら音頭を取ってくれるだろうと。 ーもともとは1st EP『inside you EP』の収録曲ですが、miletさんが以降の作品でも歌い続けてきた「孤独を肯定する強さ」が、この時点でしっかり歌われていたんだなと。 milet:そうですね。自分の心のあり方はこの頃から固まっていたし、それが音にもわかりやすく力強く出ていたのかなって。いろんなジャンル感をもった、テンポもテンションも様々な18曲があるなかで、ふとベースに戻れるとしたら「Again and Again」なんだと思います。

【関連記事】