Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Cookie の終焉で、にわかに存在感が高まる メールマガジン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

サードパーティCookieがなくなることを、パブリッシャーたちは受け入れようとしている。ここからどこへ進むのか、が喫緊の問題だ。その答えは、登録されたユーザーのデータを使って自社データを集めること、となる可能性がますます高くなっている。そこで注目を集めるのがeメールのニュースレターだ。 「ニュースレタープロダクトが急速に増えているのはそのためだ。顧客と企業のあいだでの価値交換を生み出すことが目的だ。ここでの価値とは、eメールアドレスとなる」と先日、英DIGIDAYが主催するパブリッシング・サミット・ヨーロッパ(Publishing Summit Europe)においてパブリッシングエグゼクティブのひとりは語った。「パブリッシャーたちはより洗練させるだろう。現時点でのニュースレターはかなり要領の悪い形になっている」。 サードパーティによるCookieの代替は何か、オープンマーケットプレイスにおいてオーディエンスをどのように効果的に特定するかに関するGoogleの判断を待つあいだ、パブリッシャーとデジタルエコシステムの当事者たちは宙ぶらりんな状態となっている。これにより、「自分たちのオーディエンスを所有する」方法を戦略的に考え、より多くのメール登録を促進する必要があるのだ。

短期間で低コストに制作

ニュースパブリッシャーたちは、いま注目を集めているトピックに関するニュースレターを、数週間の準備によって低コストで生み出すことが可能なポジションにある。エコノミスト(The Economist)は今後数週間でコロナウイルス専門のニュースレターをローンチするニュースパブリッシャーの1社だ(ほかには、ザ・ニューヨーク・タイムズ[The New York Times]やクォーツ[Quartz]がある)。 サブスクリプションが牽引するビジネスモデルにとって、ニュースレターはサブスクリプションの顧客維持の助けになると証明されている。160万人のプリントとデジタルのサブスクリプション会員を持つエコノミストが改善しようと尽力しているのもそこだと、同社プロダクト部門バイスプレジデントのレミー・ベッチャー氏は言う。12月以降、彼らは米国選挙、そして気候危機のふたつについて、トピック専門のニュースレターをローンチしている。これらがほかの日刊・週刊のニュースレターに加わる形だ。 トピック専門のニュースレターはその他のニュースレターと比べてメール開封率が20%高く、クリックスルー率も2倍となる。全体的にトラフィック源としてTwitterをニュースレターが越えたと、ベッチャー氏は言う。

【関連記事】