Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タモリ、明石家さんま、所ジョージ……ベストスコア69(!)の関根勤が教えてくれた“大御所”たちのゴルフっぷり

配信

みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ界が一番華やかだった90年代のバブル期を“お笑い”の最前線で過ごした関根勤。当時の大御所たちのゴルフ事情や最近のゴルフライフのあれこれをたっぷり語ってもらった。

ベストスコアは69。でもゴルフは楽しくやるのが一番!

――ベストスコアはお幾つですか? 関根勤(以下、関根):50歳の時に、カメリアヒルズカントリークラブで出した「69」です。4バーディ、1ボギーでしたね。最終ホールで上からのすごいロングパットが残たんですけどね、それまでのベストが「72」だったので、まあ、3パットしても「71」でベストは更新だなっていう感じで気楽にやったら、入っちゃったんですよね。 ――なにが良かったんですか。 関根:なにがというのはないんですけど、その年にちょっと体を壊したのがキッカケで、スポーツクラブでトレーニングを始めたんですよ。それで80キロのバーベルを担いでスクワットなんかをやっていたら、下半身が安定しているからショットが曲がらないし飛ぶんですよ。そうなるとリラックスして回れるから、気楽にやったら「なんだ69だ」っていう感じでしたよね。 ――その頃の飛距離はどれくらいだったんですか。 関根:230~240ヤードは出ていましたね。それくらい出ていないと4つもバーディを取れないですから。でも今はもう210ヤードくらいですね。それも転がって(笑)。 ――トレーニングは必要ってことなんですかね。 関根:まあ、飛距離とかを求めるなら必要でしょうね。でもトレーニングを止めたら途端に80以上叩くようになっちゃいましたけどね(笑)。 ――現在のアベレージはどのくらいですか。 関根:今は85~90の間ですね。調子よいときは80台の前半もありますけど。 ――ハンディキャップはお持ちなんですか。 関根:ハンディはね、今のノースショアカントリークラブ、前の北浦ゴルフ倶楽部のときに、最終的に「9」を取りました。シングルになってからは競技会に出なくなりましたね。競技会でオーバーパーを叩くとハンディが増えちゃうから(笑)。でも腕は落ちましたね、今は「15」くらいじゃないですか。 ――いま一緒にラウンドするのはやっぱり芸人が多い? 関根:やっぱり事務所(浅井企画)の後輩芸人たちと回ることが多いね。“関根ゴルフクラブ”の第一期生がね、「ずん」の飯尾とやす、そして「イワイガワ」の岩井ジョニ男、花香よしあきね。最初、飯尾は毎回来ていたんだけど忙しくなっちゃったから、ここ2年くらいは来れていないんですけどね。 ――浅井企画の後輩芸人さんたちは、関根さんとラウンドすると誉めてくれるし、回りやすいんだと言っていますよね。 関根:やっぱり、「オー、飛ぶなぁ~」とか声かけたりして、楽しくやりたいじゃないですか。真剣にやるのは打つ前後の20~30秒くらいでいいんですよ。 ――後輩に勝ちたいから、先輩風吹かせたりは……。 関根:あ、そういう気持ちは全然ないです。自分のプレーを楽しみたいから。でもいますよね、すごい飛ばす後輩のボールを靴で踏んで埋め込ませたって人の話を聞いたことがありますけどね、嫌ですよねぇ。僕ね、人がパットを外すとすごく笑う人と回ったことがあるんだけど、あれ、嫌だったなぁ~。ファッ、ファッ、ファッ(笑)って、仲良くもないのにさ、人の失敗を死ぬほど笑うんだよ。仕返しする気じゃないんだけど、こっちもその人がミスした時に、ハッ、ハッ、ハッくらいはね。やってやりましたけどね(笑)。

【関連記事】