Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「コロナ情報」耳の不自由な人たちへ 感染予防、相談どうすれば... 『情報入手に課題』 手話動画を作成し支援

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBS長野放送

特集は、新型コロナの影響です。今や感染予防は国民最大の関心事と言える状況ですが、耳の不自由な人たちは、情報が入手しづらく不安を抱いています。「手話動画」などに取り組む支援組織を取材しました。

小学部6年: 「これから授業を始めます」 長野市の長野ろう学校。先月18日から登校が再開され、校内にも「新しい生活様式」が取り入れられています。その一つが「透明なマスク」です。 小学部6年: 「これ(フェイスシールド)は見えにくいけど、“透明なマスク”は見えやすいので使いやすいです。(Q.先生の話もわかりやすい)わかりやすいです。口が見えて」 音が聞こえづらく、人工内耳や補聴器をつけている2人。手話や指文字に加え、表情や口の動きも意思疎通を図る上で重要な情報です。しかし、通常のマスクだと…。 長野ろう学校・桜井真治校長: 「顔の表情が見えない、口の形が見えないことによって、コミュニケーションが難しくなるということがあります」 小学部6年: 「普通のマスクだとみんながしゃべっていることがわからないけど、透明なマスクの方は何をしゃべっているかわかります」 授業再開に向けて、学校側はクリアファイルなどで手作りのマスクやフェイスシールドを作りました。

ただ、「声がこもる」「反射して見えづらい」などの難点がありました。そうした中、マスク問題に動いていた県聴覚障害者協会が学校に「透明なマスク」を寄贈しました。 長野ろう学校・桜井真治校長: 「表情がわかるということが、安心できるということにつながっている」 今はこのマスクに、3密を避ける対策も講じて学校生活が送られています。

音声に頼らず情報を汲み取る必要がある耳の不自由な人たち。コロナの感染予防で大きな課題となっているのも、その情報をどう入手するかです。 県聴覚障がい者情報センター・上嶋太さん: 「情報というのはすごく大事です。聞こえない人の場合、集まって話をする。それで情報交換するのがいつものこと。それができなくなりました」 協会が指定管理者となって運営する「県聴覚障がい者情報センター」。社会参加を支援する組織ですが、上嶋さんたちはこの数カ月、コロナの情報発信に力を入れてきました。 (2月25日)阿部知事: 「陽性反応が出た方が1名いらっしゃいました。感染者の確認は初めてという形になります」 県内初の感染者が確認された時の会見。手話通訳などはなく、上嶋さんたちは、すぐに詳細を知ることができませんでした。 県聴覚障がい者情報センター・上嶋太さん: 「東京とか、あちこちで市中感染が始まりまして、次に長野にも来るんだろうか、いつだろうかという状況になった時、皆さんが気になったのは、どこで、誰がということが不安になったと思う。聞こえる人がすぐにわかることを、聞こえない人も知りたいと思う気持ちは同じ。その辺が不安に感じたことが記憶に残っています」 不安解消のため、センターは「手話動画」の作成に動きます。長野市で初めて感染者が確認された時の会見は、手話通訳して動画を「ユーチューブ」で公開。 以後、「感染を防ぐ方法」や「デマへの注意喚起」「特別定額給付金の申請方法」なども動画にしました。 動画: 「体温は何度ですか?」 「(スマホの音声)朝、計ったら38度でした」 「今朝から熱が出ましたか?」

【関連記事】