Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最高路線価 宮崎市橘通西3丁目 5年連続横ばい 宮崎県

配信

宮崎ニュースUMK

テレビ宮崎

宮崎県内の路線価が公表されました。 県内で最も高い宮崎市橘通の路線価は5年連続横ばいとなりました。 相続税や贈与税の算定基準となる路線価は今年1月1日時点の1平方メートル当たりの土地の価格です。 熊本国税局によりますと県内で最も高かった路線価は宮崎市橘通西3丁目で1平方メートル当たり23万円、前の年と同額で5年連続横ばいとなりました。 県内最大の繁華街、ニシタチなどでは宮崎駅西口再開発の影響が徐々に出てきており、注目が高まっているということです。 都城市の最高路線価は牟田町の6万1000円で6年連続横ばい、一方、延岡市中央通2丁目は6万円で1・6%の下落日南市、小林市の中心市街地も去年を下回りました。 地価動向について不動産鑑定士協会は現在、新型コロナウイルスの影響によって取引動向は不透明で今後の動きを注視しているとしています。

テレビ宮崎

【関連記事】