Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1千日手・2持将棋 今度はどうなる?永瀬拓矢叡王 対 豊島将之竜王・名人 第5局開始/将棋・叡王戦七番勝負

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の叡王戦七番勝負第5局が7月23日、午後2時から始まった。永瀬拓矢叡王(王座、27)と豊島将之竜王・名人(30)の戦いは、ここまで千日手1回、持将棋2回、3局連続で200手以上と記録的な熱戦続き。本局はどんな勝負となるか。両者の過去の対戦は9回あり、永瀬叡王の4勝3敗2持将棋とほぼ互角だ。 【動画】第4局・深夜の感想戦  第1局から千日手指し直しとなった今シリーズ。第3、第4局にはタイトル戦史上初めて、2局連続での持将棋となり、長時間・長手数での戦いが話題となっている。両者ともタイトルを2つずつ持ち、将棋界をリードする立場だが、対局でも1勝たりとも譲らないという姿勢は崩さない。  永瀬叡王は2009年10月に四段昇段。叡王が自身初のタイトルで、その後に王座も獲得したことで、豊島竜王・名人、渡辺明二冠(36)とともに、複数冠保持者となった。  豊島竜王・名人は2007年4月に四段昇段。2019年度に竜王、名人と相次いで獲得し、史上4人目の「竜王・名人」となった。  本局の持ち時間は各3時間で、先手は永瀬叡王。

【関連記事】