Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エリザベス女王も攻めモード! 鮮やかなカラーは王室メンバーの間で大人気

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

世界中から愛されているロイヤルメンバーの女性たちは、暖かな季節になると赤やピンク、ブルーなど大胆な色を各々のスタイルに取り入れているようだ。王室の公式インスタグラムアカウントに投稿された写真には、カラーブロックのビビッドなワンピースを着たエリザベス女王が写っている。 【写真】永遠のファッションアイコン、ダイアナ妃のベストルック 女王にしては少々珍しいパープルとマゼンタの2色使いのこのワンピースは、故ダイアナ元妃が好んだ明るい色合いを思い起こさせる。1989年にクウェートと香港を訪問した際の妃は、実によく似た色合いのワンピースを着ていた。

さらに、モノトーンコーデが多いメーガン妃もこうした鮮やかな色をしばしば選んでいる。2019年にヘンリー王子とイギリス中部のバーケンヘッドを訪問した際には、パープルのワンピースに赤のコートを合わせていた。また、王室を引退する前の公務でも、ビビッドな赤やグリーン、ブルーの装いで登場している。

キャサリン妃も、今年3月のアイルランド訪問では光沢のあるグリーンのワンピース、バッキンガム宮殿で開催したチャリティー・ガラでは、ビーズをあしらった輝くロイヤルブルーのドレス姿を披露。 華やかな場に出席する機会がある人には、ロイヤルメンバーたちの大胆な色遣いや着こなしが、参考になるかも?

From Harper’s BAZAAR

【関連記事】