Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

15件中9件が女性…コロナ禍で妻による“介護殺人”が増加

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
女性自身

【2月4日・宮城県仙台市】容疑者/加害者:妻(69)、息子(43) 2月2日、末期がんで体が不自由な78歳の夫を放置して、妻と長男が外出。3月未明に、妻の通報で救急搬送されたが、4日午前に死亡。妻と長男は保護責任者遺棄容疑で逮捕、送検されたが、3月6日に仙台地検は妻と長男を不起訴とした。 【3月2日・兵庫県明石市】容疑者/加害者:息子(41) マンションの一室で72歳の母と息子が倒れていると、親族が通報。母はすでに死亡しており、意識不明だった息子も病院搬送後に死亡が確認された。母は認知症を患い息子が介護していた。無理心中だとみられている。 【3月7日・埼玉県羽生市】容疑者/加害者:妻(71) 「夫を殺した」と妻が自ら通報。「介護に疲れていた」と供述し、72歳の夫を、首を絞めて殺害した容疑で逮捕された。妻の首や手首には切り傷があり、無理心中を図ったとみられている。 【4月7日・東京都杉並区】容疑者/加害者:夫(82) 夫は「母さんが死んだ。俺も後を追う」と長女に電話。長女が通報して、事件が発覚した。81歳の妻は要介護3だった。夫は「将来を悲観して一緒に死のうと思ったが、死ねなかった」と供述、殺人容疑で逮捕された。 【4月18日・大阪府大阪市】容疑者/加害者:息子(57) 特別養護老人ホームに入所した91歳の母を毎日のように見舞っていたが、新型コロナの流行で面会が禁じられ、4月17日に自宅に引き取った。翌日の夜、母を殺害し、自身も自殺。「母に『死にたい』と言われ、糸が切れた」という遺書が残されていた。 【4月28日・宮城県仙台市】容疑者/加害者:娘(68) 強い足の痛みを抱える94歳の母が「早く逝きたい」と言うように。娘は多量の睡眠薬を混ぜたジュースを飲ませ、座布団で顔を押さえつけて母を窒息死させた。嘱託殺人の罪に問われ、7月15日に検察は懲役3年を求刑。判決は8月19日予定。 【5月5日・埼玉県さいたま市】容疑者/加害者:娘(26) 60歳の母を殺害し、娘が自ら110番通報した。母と娘の2人暮らしで、「3年ほど前に脳の病気で体が不自由になった母を、自分が介護をしていた」と供述し、「介護に疲れた」と容疑を認めているという。

【関連記事】