Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

史上最多のバロンドール6回受賞。 メッシのベストシーズンとは?

配信

webスポルティーバ

欧州スター選手列伝極私的バロンドール(10)リオネル・メッシ(2010-11)  U-17ワールドカップやU-20ワールドカップなど、ユース年代の国際大会を長年見ていると、結果として、のちにスーパースターと呼ばれる選手の若かりし頃を数多く目にすることになる。と同時に、10代から見ていた選手には、やはり相応の思い入れが生まれてくるものだ。 【写真】引退までに、メッシに求められること  リオネル・メッシの場合もそうだった。  メッシのプレーを初めて生で見たのは、2005年のワールドユース選手権(現U-20ワールドカップ)。U-20アルゼンチン代表で背番号18を背負っていた、当時18歳のメッシは、世界中からスター候補が集まる大会にあっても、ちょっとした"顔"だった。体の小さなレフティは、直前の2004-05シーズン、すでにバルセロナでトップデビューを果たし、リーガでのクラブ史上最年少記録(当時)となる初ゴールまで決めていたからだ。  実際、話題の18歳はスゴかった。  登録上の身長は、170cm。だが、手足が短く、その姿は、数字以上に小柄に見える。どことなく大きめのユニフォームを"着せられている感"も、彼を一層小さく見せ、前評判に見合った貫禄はどこにも見当たらなかった。  ところが、一見頼りなさげな少年は、ひとたびボールを持つと、別次元のプレーを披露した。2トップの位置から少し下がってボールを受けると、足にボールが吸いついているかのごとく、緩急自在に流れるようなコース取りでスルスルとDFをかわしていった。  メッシは、グループリーグこそ、チームの調子もイマイチ(2勝1敗の2位通過だった)とあって、1ゴールを記録するにとどまったが、決勝トーナメントに入ると、一気に爆発。決勝までの4試合すべてでゴールを決める活躍で、アルゼンチンを世界一へと導いた。と同時に、トータル6ゴールで得点王と大会MVPを獲得した。

とりわけ、決勝トーナメント1回戦のコロンビア戦、準々決勝のスペイン戦、準決勝のブラジル戦(2位通過だったため、強豪との対戦続きだった)と、それぞれで決めたゴールは、スピード、テクニック、アイデアといった各要素が高いレベルで発揮された、いずれもスーパーゴールだった(そして、それらすべてを生で見られたのは幸運だった)。  その傑出した才能は間違いなく、新たなスターの誕生を予感させるものだった。  実はこの大会からまもなく、メッシは日本にやってきている。横浜F・マリノスとのプレシーズンマッチのために来日したバルサの一員として、である。  とはいえ、2005年当時のバルサと言えば、ロナウジーニョのチーム。日本でも、この陽気なブラジリアンの人気は絶大で、地元から帯同してきたスペイン人記者が、「日本のファンは、バルサが好きなのか? ロナウジーニョが好きなのか?」といぶかるほどだった。  ワールドユースで名を上げたメッシも、名だたるスター軍団のなかに入れば、若手選手のひとり。日本でも、ほとんど話題になることはなかったのである。  その後、メッシはワールドユースからわずか4年で、ロナウジーニョからバルサの背番号10も引き継ぐと、2009年に初めてのバロンドールを獲得。そこから2012年まで前人未踏の4年連続受賞を果たし、現在ではクリスティアーノ・ロナウドと並び称される、まさに世界最高のフットボーラーである。  2019年には、史上最多記録を更新する4年ぶり6回目のバロンドールを受賞。2005年当時ならともかく、今さらメッシのスゴさをあれこれ説明する必要もないだろう。

【関連記事】