Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

黒人男性を暴行した元警官の被告 有罪でも1億超の年金支給か

配信

ABEMA TIMES

 アメリカの事件で黒人男性の首を押さえつけ殺害したとして訴追された元警察官について、1億円以上の年金を受給する可能性があることが明らかになった。 【映像】マスク拒否の母、子どもの目の前で拘束され波紋  デレック・ショービン被告(44)は先月、ミネソタ州で黒人のジョージ・フロイドさんの首を押さえつけて殺害した罪で訴追されている。  CNNはショービン被告に有罪判決が下されたとしても、公務員として積み立てた年金の受け取りが可能だと伝えている。  ミネソタ州の法律では、被告が拒否しなければ年金を受給する権利があり早ければ50歳から申請できるということだ。仮に55歳から受給した場合、年間に5万ドル=日本円で540万円ほどが支払われ、30年間でおよそ1億6000万円が支給される可能性があるとみられている。(ANNニュース)

【関連記事】