Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

暑い夏こそ出番! 素麺の正しい茹で方&アレンジレシピ【ボイメン・小林豊】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CanCam.jp

BOYS AND MEN(ボイメン)のメンバーでありながら元パティシエという異色の経歴を持つ、料理&美容大好きな小林 豊さんによる「ヘルシー(H)で、ビューティー(B)で、デリシャス(D)」な料理企画。 中条あやみ、自宅を初公開!本日の夕食は!? 今回は、この時季恋しくなる「素麺」のアレンジレシピをご紹介。香りだけで食欲そそる甘じょっぱいつけ汁とひんやりするっと食べられる素麺の相性バツグン♪ 意外とできている人が少ない、喉ごしがアップする茹で方のコツも教えます!

用意するもの(2人分) 素麺…4束 牛肉切り落とし…150~200g ごぼう…1/4本 ★和風だし…小さじ1/2 ★砂糖…50g ★みりん…50g ★しょうゆ…50g <つけ汁> 麺つゆ…適量 卵…2個(1人につき1個) 一味唐辛子(七味唐辛子)…少々 白ねぎ…少々

1 ごぼうをささがきにする

ごぼう(1/4本)の皮を包丁の背で軽く削ぎ落とす。包丁で先端が細くなるようくるくる回しながら削り、ささがきにする。ささがきにしたごぼうは水に5分程度さらして、あくを抜く。5分経ったら水気を切る。 「土曜のお昼は、素麺か焼きそばでしょ?」と言う小林先生。理由は、「小林家の素麺といえば、土曜の新喜劇。新喜劇といえば、素麺」なんだとか。新喜劇の放送時間を基準にしているあたり関西人を感じました。

2 ごぼうと牛肉を炒める

フライパンに牛肉切り落とし(150~200g)を入れて中火にかける。牛肉をフライパン全体に広げたぐらいのタイミングで1のごぼうを投入。すぐに★の調味料(和風だし:小さじ1/2、砂糖・みりん・しょうゆ:各50g)を順に入れて、さっと混ぜる。味が回りやすいしょうゆをラストに入れるのがポイント。 調味料を入れたら、30秒~1分ほど炒めて火を止める。ここまでの間にけっこう火が通るので、調味料までどんどん入れてOK。 そのままフライパンの余熱で、さらに火を通していく。

3 素麺を茹でる

深めのフライパン、または鍋にたっぷりのお湯を沸かし、素麺(4束)を入れて約1分30秒茹でる。素麺は細くて火が入りやすく10~20秒でも食感が変わるので、素麺に巻いてある紙は事前に取っておくことと、放っておかないことが大事! 1から60秒まで声に出して数える小林先生。途中で誤差が生じているにもかかわらず体内時計で進めた結果、60秒をすぎたところで1分半経過してしまい引き上げることに。小林先生の体内時計は毎度ゆっくりめです。

【関連記事】