Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤井聡太二冠、最年少名人への道 現記録保持者・谷川浩司九段と夜戦に突入 記録更新には1期抜け必須/将棋・順位戦B級2組

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の最年少棋士・藤井聡太二冠(18)が9月9日、順位戦B級2組の対局で、谷川浩司九段(58)と対局中だ。午後6時からの夕食休憩の時点で形勢、残りの持ち時間ともに互角だ。どちらも中学生時にプロの門を叩いた天才同士。2度目の対決で勝利をつかむのはどちらか。 【動画】藤井聡太“二冠”が誕生した瞬間  将棋界で最も歴史あるタイトルである名人だが、これにつながる順位戦が各棋戦で戦う上でベースになっていることも多い。谷川九段は通算5期獲得で、十七世名人の有資格者。さらに21歳2カ月という最年少名人記録を持っている。この記録は、37年間破られていない。  最年少でのタイトル獲得、二冠を達成した藤井二冠だが、最年少名人の記録更新は茨の道。今期3連勝中のB級2組を1期抜け、さらに来期もB級1組を1期で抜け、その翌年に行われるA級でいきなり挑戦権を獲得、名人戦で奪取に成功するという、ほぼパーフェクトな成績を残さない限り、記録に届かない。B級2組からB級1組、B級1組からA級は、それぞれ昇級枠が2人という狭き門で、それぞれ全勝もしくは1敗といったハイレベルの成績が必要だ。谷川九段は最初の年で足踏みしたが、その後は4期連続で昇級し、一気に名人まで駆け上がった。  新旧の天才対決は、両者とも得意としている角換わりでスタート。プロの間でも非常に研究が進んでいる戦法でもあり、じっくりとした駒組みが続いた。本格的な戦いはこれからだ。  本局の持ち時間は各6時間。先手は谷川九段。 【夕食の注文】 藤井聡太二冠 豚しゃぶカレー 谷川浩司九段 酢豚定食 【夕食休憩時の残り持ち時間】 藤井聡太二冠 2時間23分(消費3時間37分) 谷川浩司九段 2時間18分(消費3時間42分)

【関連記事】