Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年のメットガラ、新型コロナウイルス感染拡大にともない無期限延期に

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを受け、無期限休館となっているNYのメトロポリタン美術館。そして、現在のところ今年のMETガラの開催も保留となっている。  METガラは毎年5月の第1月曜日に開催されているファッション界最大のイベントで、今年は現地時間5月4日に開催される予定だったが、コロナウイルスの感染拡大が終息するまで延期されるという。なお、延期後の日程はまだ発表されていない。 【写真】不自然が大正解! メットガラ2019で最も“大げさ”だったヘア&メイクTOP10 METガラの広報担当者は、週末にCDC(アメリカ疾病管理予防センター)が今後8週間は50人以上の集会を開催するべきではないと勧告したため、メトロポリタン美術館は「この指針に従い、5月15日までの全プログラムとイベントを中止または延期する」との決定を下したと伝えている。 METガラの主催者である『Vogue』の編集長アナ・ウィンターは現地時間の3月16日に延期を認め、自身のメイ・レターの中で「メトロポリタン美術館服飾研究所(コスチューム・インスティチュート)の展覧会『時間について』のオープニングは、予定していた日程で開催されないことになりました。責任ある決定によりメトロポリタン美術館が閉館したため、展覧会のオープニング・イベントMETガラは延期されます」と綴っている。 同展覧会のキュレーターを務めるトム・ボルトンは、去年11月の『New York Times』のインタビューでMETガラのテーマを次のように語っている。「ファッションは時間と永久に結びついています。時代の精神を反映するだけでなく、時代とともに変化し、発展するものです」。 『New York Times』は2020年METガラのテーマは、ファッション業界が「サステナビリティへの欲求と長持ちする洋服、計画的な退化への欲求と私たちを店に呼び戻す新たな洋服との間にある葛藤」の時期に入ったことを表していると書いている。 2020年METガラの共同ホストには、「ルイ・ヴィトン」のニコラ・ジェスキエール、「ルイ・ヴィトン」のアンバサダーを務めるエマ・ストーン、リン=マニュエル・ミランダ、メリル・ストリープが名を連ねる。METガラは、ファッション、音楽、エンタメなど、各界をリードする大物スターが最も多く参加するイベントのひとつとして注目されている。

Translation: Masayo Fukaya From ELLE

【関連記事】